『ミスター・ガラス』『ドント・ヘルプ』…新鋭“絶叫クイーン”に注目

M.ナイト・シャマラン監督『ミスター・ガラス』にも出演するスリラー作品になくてはならない存在、“スクリーム・クイーン”たちに注目してみた。

映画 洋画ニュース
『ミスター・ガラス』(C)Universal PicturesAll rights reserved.
『ミスター・ガラス』(C)Universal PicturesAll rights reserved. 全 7 枚 拡大写真
M.ナイト・シャマラン監督が『アンブレイカブル』のその後を描いた衝撃作『ミスター・ガラス』がもうすぐ公開。今回、本作にも出演するスリラー作品になくてはならない存在、“スクリーム・クイーン”たちに注目してみた。

ホラーやスリラー映画には、魅力的な悪役だけでなく、画面を彩るスクリーム・クイーンたちも必要不可欠。例えば、『サイコ』(’60)で一躍ブレイクしたジャネット・リーや、『スクリーム』(’96)のネーヴ・キャンベルなどが印象的だ。

そしてこの冬も、大注目の新鋭スクリーム・クイーンたちが出演する映画が続々と公開! ここで、気になる3人の“スクリーム・クイーン”たちを紹介。

■『アンブレイカブル』のその後を描いた衝撃作『ミスター・ガラス』(1月18日公開)


『シックス・センス』(’99)で世界に衝撃を与えたM.ナイト・シャマラン監督が、全米を騒然とさせた『アンブレイカブル』(’00)の“その後”を描く、衝撃のサスペンス・スリラー『ミスター・ガラス』。

本作でヒロインに大抜擢されたのが、若干22歳、ホラー映画『ウィッチ』で初映画にして主演を務め一気に知名度を上げたアニャ・テイラー=ジョイ

アニャ・テイラー=ジョイ-(C)Getty Images
彼女が“スクリーム・クイーン”として登場する本作は、『アンブレイカブル』の主人公で不死身の肉体を持つデヴィッド・ダン(ブルース・ウィリス)と、生涯で94回も骨折した壊れやすい身体を持つミスター・ガラス(サミュエル・L・ジャクソン)、24もの人格を持つ多重人格者ケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)が、精神科医のステイプル(サラ・ポールソン)にある施設に集められるところから始まる。

“自分が人間を超える存在=スーパーヒーロー”だと思い込んでいる彼ら。ステイプルは、全て彼らの妄想であることを証明しようと、決して足を踏み入れてはならない“禁断の研究”に挑む…というストーリーだ。

『ミスター・ガラス』(C)Universal PicturesAll rights reserved.
今回アニャは、ケヴィンやほかの人格たちが“唯一心を許す少女”ケイシー・クック役を演じている。ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、ジェームズ・マカヴォイと超有名俳優3人が揃う本作だが、そんな中でも抜群の存在感を見せつけている彼女から目が離せない。

■その少女を助けてはいけない…『ドント・ヘルプ』


『グリーン・インフェルノ』『ノック・ノック』の脚本家ギレルモ・アモエドが監督・脚本を手掛けるメキシコ製スリラー『ドント・ヘルプ』に出演したマリア・エボリ

本作は、強盗の3人姉妹が上院議員の家に侵入し、お金を盗もうと計画。首尾よく議員夫婦を椅子に縛り、お金を手にしようとするが、地下から奇妙な叫び声が聞こえ、行ってみるとベッドに縛られた議員の娘を発見。親の残酷な虐待を目の当たりにした姉妹は、少女を助けようと拘束を外すが、それが悪夢の始まりだった――というあらすじ。

今回マリアは、この地下室に監禁されていた少女を助けようとする強盗役を演じた。少女を助けたことで始まる悪夢のラストに注目だ。


■『X-MEN』シリーズ初のホラー『ニュー・ミュータンツ』(米公開:8月)


最後に紹介するのは、大人気『X-MEN』シリーズから、初のホラー映画となる『ニュー・ミュータンツ』に出演するメイジー・ウィリアムズ

メイジー・ウィリアムズ-(C)Getty Images
ジョシュ・ブーン監督作で、米公開日が2度の変更により最終的に1年半ほど延期されたことも話題に。本作にはメイジーのほかにも、先ほど『ミスター・ガラス』で紹介したアニャや、「ストレンジャー・シングス」でブレイクしたチャーリー・ヒートンが出演。彼らを含めメインキャラとして5人の若きミュータントが登場する。

人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのアリア・スターク役でも知られているメイジーが、ホラーというジャンルでどんなスクリーム・クイーンっぷりを見せてくれるのか、早くも世界中から注目が集まっている。

今回紹介したのは、いずれもいま注目の美女3人。今回ピックアップした3作品を鑑賞する際は、ぜひこの3人のスクリーム・クイーンの熱演も必見だ。

『ミスター・ガラス』は1月18日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加