高杉真宙が御曹司に! JKと年の差&身分差ツンデレラブ「高嶺と花」ドラマ化

人気俳優・高杉真宙が主演を務めるFODオリジナル連続ドラマ「高嶺と花」が、3月18日(月)より配信されることが決定した。

最新ニュース スクープ
「高嶺と花」
「高嶺と花」 全 4 枚 拡大写真
人気俳優・高杉真宙が主演を務めるFODオリジナル連続ドラマ「高嶺と花」が、3月18日(月)より「FOD」にて配信されることが決定した。

原作は、2014年から「花とゆめ」(白泉社)で連載中の漫画「高嶺と花」(師走ゆき)。コミックスは12巻まで発売され、1月時点で累計部数130万部を突破した人気作だ。

物語は、才原高嶺とお見合いするはずの姉・緑の替え玉として変装した妹の野々村花が、お見合いをするところからスタート。ありえない程のイケメン・高嶺の登場に胸をときめかせるが、高嶺の横柄な態度と罵詈雑言に対し、花はキレてしまいその場を後にしてしまう。お見合いは破談になったかと思われたが、高嶺は花に興味を持ち、花は高慢な高嶺を屈服させることを目的にお見合いを続けることに…。

『十二人の死にたい子どもたち』『笑顔の向こうに』『賭ケグルイ』など、今年も注目作の公開を控える主演の高杉さんが演じるのは、ビジュアルも仕事も完璧、ハイスペックイケメンなのに高慢ちきな残念御曹司・才原高嶺。

今回演じるにあたり原作を読んだという高杉さんは「今まで演じてきたどのキャラクターとも違う性格で自分が演じるのを想像出来ず緊張する反面、高嶺として立って歩いて喋ることが楽しみです」と期待し、「高嶺と花の息の合った(笑)台詞の掛け合いを画面を通して皆さんに見せることが出来たらと思っています」と意気込みを語った。

高杉真宙/『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
また気は強いが明るい性格の一般庶民JK・野々村花役には、『十二人の死にたい子どもたち』で“十二人の子どもたち”のひとりにも抜擢された竹内愛紗。今回オーディションで約500人の中から見事この役を勝ち取った17歳の現役JKだ。

竹内愛紗/『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア
今作は彼女にとって初のヒロインの作品。役が決まった際、「原作の漫画を全部買い、物凄いスピードで読みました」と話す竹内さんは、「花は10歳も年上のイケメン御曹司、高嶺さんに勝気で、高嶺さんもとても高いプライドがあり、負けを譲らない2人のやり取りがたまらなく面白いんです!」と原作の魅力を語り、「花を演じるにあたり、友達とのやり取り、高嶺さんとのやり取り、家族の中のやり取りで違いを見せるように心がけます! 漫画では色々な表情を見せている花なので私も色々練習をして、皆さんにはそこに注目して見ていただけたら嬉しいです!」とコメントしている。

なおドラマの主題歌は、YouTubeやSNSで話題を呼び、インディーズ時にはCMや人気アニメのEDテーマに抜擢された中学3年生のRUANNの「LOVE & HOPE」に決定。作詞・作曲共にRUANNさんが担当している。

RUANN
「高嶺と花」は3月18日(月)0時~FODにて配信開始(30分×全8話)。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加