永野芽郁&北村匠海の熱演に『君月』監督が撮影中に号泣!「嗚咽して何も言えない」

『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督による最新作『君は月夜に光り輝く』の完成披露舞台挨拶が2月19日(火)、TOHOシネマズ日比谷にて行われ、初共演にしてW主演を務めた永野芽郁、北村匠海のほか、キャスト勢10名が登壇した。

最新ニュース レポート
『君は月夜に光り輝く』完成披露舞台挨拶
『君は月夜に光り輝く』完成披露舞台挨拶 全 17 枚 拡大写真
『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督による最新作『君は月夜に光り輝く』の完成披露舞台挨拶が2月19日(火)、TOHOシネマズ日比谷にて行われ、初共演にしてW主演を務めた永野芽郁、北村匠海を含む、キャスト勢10名が登壇した。

『君は月夜に光り輝く』はデビュー作ながら累計発行部数50万部を突破した佐野徹夜の純愛物語を映画化。不治の病・発光病を発症した余命ゼロの渡良瀬まみず(永野さん)が、自分が叶えられない願いを、同級生の岡田卓也(北村さん)に代行してもらい、感想を語ってもらうという形で交流する。次第にまみずに惹かれていく卓也だったが、迫りくる死の恐怖がふたりを襲う。


北村さん、永野さんの演技に「すごい」!


余命ゼロの少女を演じるにあたって、永野さんは「余命ゼロだから哀しい、みたいなヒロインにはしたくないと思って。思っていることはたくさんある、だからこそ笑って過ごしたり、自分の心情と戦っている女の子を演じられればと思いました」と、懸命に寄り添った様子を見せた。


永野さん演じるまみずと恋に落ちる北村さんは、永野さんの演技について「すごい」と絶賛! そもそも、「この映画において受け皿になろうと考えていた」とした北村さんだが、永野さんの芝居を受けて、「受け取る作業をせずとも、ちゃんとキレイに投げてくれた」と感嘆の表情。


共演者、監督、スタッフも全員が大号泣!?


ふたりのシーンが多い本作において、ほかのキャスト陣からも「台本を読んだときから泣けてきましたよね。特に僕がグッときたのは、まみずが抱き寄せる、あそこ!」と及川光博が言えば、今田美桜が「まみずがめっちゃ涙をためているでしょう? こっちの(涙)がたれてきちゃって! すごいよかった」と、とにかく「泣いた」という声が寄せられた。


実際の芝居をしているときの裏話として、北村さんは「屋上のシーンで、芽郁ちゃんが段取りからすごく熱い演技をして、つられて一緒に僕としても泣けるシーンをやった。終わったときに周りを見たら、スタッフさんも号泣していて、監督は常に泣いていました。こんなことないなって思いました」と、普段の撮影現場とは一味異なる月川組の温かい空気を漏らす。

「監督が号泣して駆け寄ってくれて、『何も言えないな』と言って帰って行ったのが僕らはうれしくて」と北村さんが言えば、永野さんは「うれしいけどびっくりする(笑)」とニコニコ。月川監督も「冷静に見ようと思っていたけど、嗚咽しちゃって何も言えなかった…」と照れた表情で返していた。


そのほか、舞台挨拶には共演の甲斐翔真、松本穂香、優香、生田智子、長谷川京子が出席した。イベントでは、それぞれが「光り輝くエピソード」を披露、北村さんは「磯遊び」、永野さんは「空気」など、個性あふれる回答に会場も湧いていた。


『君は月夜に光り輝く』は3月15日(金)より全国東宝系にて公開。

《cinamacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加