カンヌで途中退場も…賛否両論渦巻くトリアー監督最新作『ハウス・ジャック・ビルト』公開

ラース・フォン・トリアー監督最新作『ハウス・ジャック・ビルト』が6月14日(金)に日本公開決定。日本オリジナル版のポスタービジュアルが到着した。

映画 洋画ニュース
『ハウス・ジャック・ビルト』(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN
『ハウス・ジャック・ビルト』(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN 全 4 枚 拡大写真
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ニンフォマニアック』のラース・フォン・トリアー監督最新作『The House That Jack Built』(原題)が、『ハウス・ジャック・ビルト』の邦題で6月14日(金)に日本公開決定。併せて、日本オリジナル版のポスタービジュアルが到着した。

自らのうつ病体験を投影させた『メランコリア』や、女性のセクシュアリティを大胆に描いた『ニンフォマニアック』などを手掛け、輝かしい受賞歴を誇る一方、あらゆるタブーに切り込みセンセーショナルな反響を巻き起こしてきたトリアー監督。問題発言によるカンヌ国際映画祭追放処分を受けてから7年、昨年の第71回カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で待望のカムバックを果たした最新作が『ハウス・ジャック・ビルト』だ。

本作は、1970年代の米ワシントン州が舞台。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックは、あるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭。彼の5つのエピソードを通じて明かされる、“ジャックの家”を建てるまでのシリアルキラー12年間の軌跡を描く。

カンヌ国際映画祭では、途中退出者が続出したにもかかわらず、上映終了後はスタンディング・オベーションが鳴りやまないという、賛否両論を巻き起こした本作。アメリカでは、あまりの過激さにアメリカ映画協会(MPAA)が手を加えた修正版のみ正式上映を許可。先立ってノーカット版を1日限定140館で上映したところ、全米興収ランキングでデイリー11位を記録し、物議を醸した。

今回日本では、“無修正完全ノーカット版”がレイティングR18+にて上映実現! トリアー監督完全復活作品となる本作は、映画ファン必見だ。

日本公開にあたり、邦題について権利元を通じてトリアー監督に確認をしたところ、「本作においては、タイトル自体とても重要で、それを変えることは映画そのものを変えてしまうことにもなりかねない」という回答があったそう。しかし、公用語に冠詞や関係代名詞を持たない国でのタイトルについては、それらを削除することが許可され『ハウス・ジャック・ビルト』が正式な邦題として決定した。

キャストには、『クラッシュ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマット・ディロンや、『ベルリン・天使の詩』で知られ、先日死去した名優ブルーノ・ガンツ。また、『ニンフォマニアック Vol.1』にも出演していたユマ・サーマン、『ローガン・ラッキー』『アンダー・ザ・シルバーレイク』のライリー・キーオら豪華な顔ぶれとなっている。

「ウェイワード・パインズ 出口のない街」主演を務めるマット・ディロンマット・ディロン
また、併せて到着した日本オリジナル版ビジュアルは、家の向こうから主人公ジャックが怪しい視線をこちらに送る、まさに「ゾッとするほど、魅力的」な、どこかポップな一枚となっている。

『ハウス・ジャック・ビルト』(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN
『ハウス・ジャック・ビルト』は6月14日(金)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加