伊藤健太郎&趣里&中川大志&吉沢亮ら8人の“新人俳優”に迫る!

“本家”の米国アカデミー賞にはない新人俳優賞。第42回日本アカデミー賞で新人俳優賞に選ばれたニューフェイス8人に改めて注目した。

最新ニュース コラム
吉沢亮&伊藤健太郎&成田凌&趣里&中川大志
吉沢亮&伊藤健太郎&成田凌&趣里&中川大志 全 41 枚 拡大写真
“本家”の米国アカデミー賞にはない新人俳優賞。生涯でたった一度しかない、この賞を受賞することは俳優自身にとっても大きな励みとなり、感激もひとしおのはず。第42回日本アカデミー賞で新人俳優賞に選ばれた8人は、現在「New Cinema Face2019」として撮りおろしビジュアルが西武渋谷店にて掲出されており、それぞれのファンを中心に大きな話題となっている。

そんな今年の“ニューフェイス”に改めて注目してみた。


伊藤健太郎、どんな役も“等身大”にしてしまう演技力


2018年10~12月に放送された「今日から俺は!!」で大ブレイクした伊藤健太郎は、同9月に公開された『コーヒーが冷めないうちに』で主演・有村架純を献身的に支える大学生を誠実に演じての受賞となった。

『コーヒーが冷めないうちに』(C)2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
2014年、“健太郎”として「昼顔~平日午後3時の恋人たち」で斎藤工の教え子役でドラマ初出演、若手豪華キャスト共演の広瀬すず主演ドラマ「学校のカイダン」をはじめ、映画『ミュージアム』では小栗旬の学生時代を演じて注目を集めるように。「今日から俺は!!」出演を機に本名に改名。恋に奥手なヘタレのメガネ男子を演じた『覚悟はいいかそこの女子。』では中川大志と共演した。

『惡の華』(C)押見修造/講談社 (C)2019映画『惡の華』製作委員会
今年は初主演舞台「春のめざめ」ほか、湯浅政明監督の最新作『きみと、波にのれたら』(6月21日公開)では声の出演、押見修造の人気コミックの実写化『惡の華』(秋公開)では主演を務める。“ブレイク登竜門”「JR SKISKI」CMにも出演したが、最近ではフレッシャーズのCMも話題。


なお、伊藤さんは日本アカデミー賞で唯一、一般の映画ファンによって選ばれる「話題賞」俳優部門にも選ばれ、新人俳優賞とW受賞を果たしている。

上白石萌歌、影のある学園のアイドルがハマリ役に!


2歳年上の姉・萌音とともに応募した東宝シンデレラオーディションで当時最年少の10歳でグランプリを獲得した上白石萌歌『羊と鋼の森』では初めて姉妹共演を果たし、対照的な双子のピアニスト役を好演した。

上白石萌音&上白石萌歌『羊と鋼の森』(C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会
ドラマ「幽かな彼女」や映画『脳漿炸裂ガール』『ハルチカ』などに出演する一方、ミュージカル「赤毛のアン」「魔女の宅急便」や、伊藤さん(当時:健太郎)と共演した「続・時をかける少女」、浪漫活劇「るろうに剣心」など舞台女優としても存在感を発揮。声の出演をした細田守監督『未来のミライ』は第91回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた。

『未来のミライ』声優キャスト (C)2018スタジオ地図
2016年冬から続いたキリン「午後の紅茶」CMに加え、昨年は「義母と娘のブルース」で視聴者を魅了、現在は「3年A組―今から皆さんは、人質です―」で物語の起点となるキーパーソンを演じている。なお、姉の萌音さんは2015年・第38回にて『舞妓はレディ』で新人俳優賞を受賞している。



平手友梨奈、初映画&初主演で圧倒的存在感!


大人気アイドルグループ「欅坂46」の不動のセンターとして知られ、憑依型と呼ばれるダンスで観る者を魅了する平手友梨奈。映画初出演にして初主演を務めた『響 -HIBIKI-』では大人たちの常識をぶち壊していく天才女子高生小説家・鮎喰響役を見事に演じ切り、日本アカデミー賞新人俳優賞ほか、第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞の新人賞を受賞するなど映画界でも圧倒的存在感を発揮した。

『響 -HIBIKI-』(C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館
2016年「欅坂46」のメンバーが出演したミステリー学園ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」、続く2017年「残酷な観客達」に出演。「SEKAI NO OWARI」のMV「スターゲイザー」に出演しているほか、ヤクルト「ミルミル/ミルミルS」のCMでは清廉な印象を放つ一方、「欅坂46」の新曲「黒い羊」では情熱的な感性と表現力を炸裂させている。



吉沢亮、超絶美形なのにクセ者がハマりすぎ!


二階堂ふみと共演し、90年代に生きるゲイの青年を繊細に演じた『リバーズ・エッジ』で高い評価を受けた吉沢亮。そのほか2018年は『悪と仮面のルール』『猫は抱くもの』『BLEACH』など8本の映画に出演する大活躍ぶりを見せ、その一方で7月クールの「サバイバル・ウェディング」と「GIVER 復讐の贈与者」という全くタイプの異なるドラマでもファンを虜にした。

『リバーズ・エッジ』(C)2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社『リバーズ・エッジ』
2011年の「仮面ライダーフォーゼ」以降、ドラマ、舞台、映画などで着実に知名度を高めてきた吉沢さん。人気コミック「トモダチゲーム」のTVドラマ・劇場版で主演を務めたほか、『ママレード・ボーイ』の少女漫画のイケメンから、『銀魂』シリーズや『斉木楠雄のΨ難』といった福田雄一作品でもしっかり印象を残している。

吉沢亮(沖田総悟)/『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会『銀魂2 掟は破るためにこそある』
広瀬すずがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」、山崎賢人主演の実写大作『キングダム』(4月19日公開)でも重要キャラを演じており、さらなる飛躍を見せてくれそう。ソフトバンクの新CM 「スマホ舟」篇では5浪阻止に燃える受験生を熱演中。



成田凌、振り幅が半端ない!メンノンモデルの“ジョーカー”


クセ者といえば、「MEN’S NON-NO」の人気モデルでありながら、『スマホを落としただけなのに』から『ビブリア古書堂の事件手帖』まで振り幅の広さを見せつけた成田凌。前者では、これまで見せたことのない境地で観る者を驚愕させ、後者では詩人・中原中也とミュージシャンのジャミロクワイを掛け合わせたようなフェミニンな文学男子に。

『ビブリア古書堂の事件手帖』(C) 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会 『ビブリア古書堂の事件手帖』
俳優としての活動は2014年から。伊藤さんと共演したドラマ「学校のカイダン」や、「逃げるは恥だが役に立つ」「人は見た目が100パーセント」、連続テレビ小説「わろてんか」など話題のドラマに起用されつつ、『君の名は。』では声優に挑戦。

『ニワトリ★スター』(C)Gentle Underground Monkey『ニワトリ★スター』
『劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』ではヘタレ研修医を返上し、『ニワトリ★スター』では赤髪モヒカン男など、愛嬌のあるルックスとはギャップのある役柄にも果敢に挑んできた。現在大ヒット中の『翔んで埼玉』ほか『チワワちゃん』が公開中、『愛がなんだ』(4月19日公開)、『さよならくちびる』(5月31日公開)、周防正行監督の初主演『カツベン!(仮)』(12月公開)などが控え、映画界に熱い新風を吹かせている。



芳根京子、可憐なる憑依系は時代劇も似合う


若手女優の登竜門、連続テレビ小説(朝ドラ)ヒロイン同士の共演で話題を呼んだ『累-かさね-』で、土屋太鳳とキスで入れ替わるコンプレックスまみれの少女という難役を怪演した芳根京子。一方、『散り椿』では池松壮亮演じる若き武士の許婚を可憐に務めあげた。

『累-かさね-』(C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社『累-かさね-』
篠原涼子主演ドラマ「ラストシンデレラ」で2013年に女優デビュー。朝ドラ「べっぴんさん」ヒロイン、1,000人以上のオーディションで選ばれた「表参道高校合唱部!」主演、豹変ぶりが話題となった「高嶺の花」ほか、『64 -ロクヨン-』『心が叫びたがってるんだ。』などで活躍し、その確かな演技力は早くから注目の的に。

『心が叫びたがってるんだ。』(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ『心が叫びたがってるんだ。』
今後、HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」主演、木村文乃とWヒロインを演じる松坂桃李主演『居眠り磐音』(5月17日公開)に司馬遼太郎×役所広司の『峠 最後のサムライ』(2020年公開)と大型時代劇が続き、憧れの篠原さんと親子役を演じる『今日も嫌がらせ弁当』(6月公開)も控えている。



趣里、猫のような瞳と情熱で観る者を釘付けに!


菅田将暉を相手役に、芥川賞作家・本谷有希子の同名小説を映画化した『生きてるだけで、愛。』で体当たりの熱演を見せた趣里

『生きてるだけで、愛。』 (C)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
気鋭の映像ディレクター・関根光才の長編初監督作となった同作では、16mmフィルムによる儚げでリアルな世界観に、心の病を抱え、感情の行き場も生き方もとっ散らかるエキセントリックな主人公がハマった。

『生きてるだけで、愛。』 (C)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
ケガでバレエを断念した後、2011年より演技の道へ。舞台を中心に活躍しつつ、山戸結希監督『おとぎ話みたい』や松岡茉優主演『勝手にふるえてろ』に出演。「リバース」の嫉妬に狂う令嬢役、「ブラックペアン」のクールな看護師役が反響を呼び、現在は「イノセンス 冤罪弁護士」で朝ドラ「とと姉ちゃん」の共演者でもあった坂口健太郎の専属パラリーガルを好演中。風間俊介と夫婦を演じる「ダスキン」CMでのキュートさの反面、華奢なスタイルからは想像もつかない“熱さ”は、これからも大きな武器となるはず。



中川大志、王子から細かすぎる男子まで変幻自在


知念侑李、小松菜奈と共演した『坂道のアポロン』、そして伊藤さんと共演し、TVドラマ版・劇場版で展開した『覚悟はいいかそこの女子。』で新人俳優賞に選ばれた中川大志。特に前者ではドラムを猛特訓し、知念さんとセッションしたジャズシーンの完成度の高さは話題となった。

『坂道のアポロン』(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館『坂道のアポロン』
2009年に俳優デビュー。高視聴率を獲得した社会現象ドラマ「家政婦のミタ」で注目を集めると、映画『青鬼 ver.2.0』で映画初主演。「監獄学園-プリズンスクール-」や大河ドラマ「平清盛」「真田丸」などに次々に起用され、吉沢さんとも「水球ヤンキース」で共演する。

『覚悟はいいかそこの女子。』(C)2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会『覚悟はいいかそこの女子。』
『きょうのキラ君』『虹色デイズ』などのモテ男子や「花のち晴れ~花男 Next Season~」の王子キャラで人気を博したが、『覚悟はいいかそこの女子。』では恋にヘタレな男子に。現在公開中の『サムライマラソン』や、「LIFE!人生に捧げるコント」、「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」など強者たちに“揉まれる”機会が多く、芸達者ぶりにますます拍車をかけている。

View this post on Instagram

・ おりょうとまっけんとけんととデート

中川大志さん(@taishi_nakagawa_official)がシェアした投稿 -

《text:Reiko Uehara》

この記事の写真

/

特集

友だち追加