「ビバヒル」ディランことルーク・ペリーが重度の脳卒中で緊急搬送

「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」(以下、「ビバヒル」)のディラン・マッケイ役で知られるルーク・ペリーが 、重度の脳卒中を起こして緊急搬送されたという。

最新ニュース ゴシップ
ルーク・ペリー (C) Getty Images
ルーク・ペリー (C) Getty Images 全 3 枚 拡大写真
「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」(以下、「ビバヒル」)のディラン・マッケイ役で知られるルーク・ペリーが 、重度の脳卒中を起こして緊急搬送されたという。「TMZ.com」によれば、水曜日(現地時間)の午前9時40分、ルークの自宅から救急車の要請コールがあり、ルークは近くの病院へ運び込まれたといい、現在入院中。ルークの代理人によると「ペリー氏は病院で経過観察中」とのことで、詳細については明かさなかった。「TMZ.com」は「治療のために薬で昏睡状態を保っている」と報じ、代理人はこれを否定。後に同サイトは「鎮静状態である」と変更した。

ルークが倒れてしまったのは、奇しくも「ビバヒル」のリバイバルドラマが製作されると明らかになった日と同日。ジェニー・ガースやジェイソン・プリーストリーらオリジナルキャストが契約する中、ルークは出演契約を結ばなかったという。しかし、「ビバヒル」の共演者たちはルークを心配し、SNSでお見舞いメッセージを送っている。


スティーブ役のイアン・ジーリングはルークの頬にキスしている画像とともに「一日も早い回復を」と祈り、ブレンダ役のシャナン・ドハーティーは「ビバヒル」の中でルークにハグされている画像でルークを思いやった。

View this post on Instagram

My friend. Holding you tight and giving you my strength. You got this.

ShannenDohertyさん(@theshando)がシェアした投稿 -


ルークは2017年から現在まで「リバーデイル」に出演し、メインキャラクターのアーチー(KJ・アパ)の父を演じている。

《Hiromi Kaku》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加