“先生”田中圭&“生徒”清原果耶、新たな旅立ちに涙…秦基博とのコラボCM始まる

俳優の田中圭と清原果耶が出演するソフトバンクの新TVCM「卒業」篇と「恩師」篇が、3月8日(金)より放送開始。

最新ニュース スクープ
ソフトバンク新TVCM「卒業」篇(30秒 60秒)・「恩師」篇(30秒)
ソフトバンク新TVCM「卒業」篇(30秒 60秒)・「恩師」篇(30秒) 全 5 枚 拡大写真
俳優の田中圭と清原果耶が出演するソフトバンクの新TVCM「卒業」篇と「恩師」篇が、3月8日(金)より放送開始。秦基博が書き下ろしたオリジナル楽曲「仰げば青空」が流れる、この時期ピッタリのCMが完成した。

秦基博が“卒業”を歌う


現代を生きる人々の生活に欠かせない“音楽”を主役に展開する「SoftBank music project」の第5弾として制作された今回の新CM。「いきものがかり」「クリープハイプ」など様々なアーティストとコラボレーションしてきたが、第5弾の「卒業」篇では、シンガーソングライターの秦さんとコラボ。このCMのために書き下ろしたオリジナル楽曲「仰げば青空」がテーマソングになっている。

「仰げば青空」

田中圭&清原果耶の言葉が涙誘う…


高校生役として清原さん、教師役として田中さんが登場する新TVCMでは、卒業式に臨む清原さんと田中さんの1日、学生生活の思い出をふり返る映像がドキュメントタッチで描かれる。

ソフトバンク新TVCM「卒業」篇(30秒 60秒)・「恩師」篇(30秒)
清原さんの卒業生代表の答辞に涙を流す生徒たちや、式を終えて迎えた最後のホームルームで、担任の田中先生が「人生に迷うことがあったらいつでも先生のところに戻ってきてください」とはなむけの言葉を贈るシーンなど、感動的な場面が映し出される。最後には、桜の木の下で笑顔で集合写真を撮る…というストーリー。

新CM「卒業」篇



新CM「恩師」篇



――撮影エピソード


卒業式の撮影は、数百人の卒業生と保護者、先生役のエキストラが参加し、清原さんの読む答辞には出演者はみな胸を打たれていたという。また、CMには卒業式のシーンだけでなく、高校生活をふり返るシーンもあり、修学旅行で清原さんたちが枕を抱えて思い思いのポーズを決めているシーンは、実はこのカットの前に監督から「今日一番のテンションで枕投げをしてください!」というリクエストがあり、真剣モードになるという下りも。

廊下で文化祭のダンスを練習するシーンでは、友だち役の女性が「すみません、間違えました」と自らNGを告白すると、清原さんは「私が引っかかったからです。ごめんなさい」と優しくフォローする場面もあったという。

さらに、最後のホームルームで田中先生が生徒たちにメッセージを贈るシーンは、3台のカメラを使用し長回しで撮影。30秒のCMで流れる映像はごく一部だが、実際の撮影では台本にして565文字のセリフを、5分以上も時間をかけて熱く語りかけており、その迫真の演技には、生徒はもちろん、保護者役の人たちも感極まって涙する人が続出したとか。

清原果耶、卒業までに「家族みんなでどこか旅行に行きたい」


答辞を読むシーンは本番前からずっと緊張していたと話す清原さんは「無事に終えることができて、良かったです」とホッとした様子。また、現在高校2年生の清原さん。今回少し早いリハーサルとなってしまったが、「今は大阪の実家から通っている形なんですけど、高校を卒業したら上京する予定です。それまでに、家族みんなでどこか旅行に行きたいです。家族みんなで出かけることがなかなかできなくなると思うので」と卒業までにしたいことを明かした。

今回の新CMは、卒業シーズンにオンエアということで、「ご卒業おめでとうございます。高校3年間で皆さんが友達や周りの人と育んできた思い出をしっかりと胸にとどめて、これからそれぞれの人生を歩んで行っていただけたらと思います。高校3年間、お疲れ様でした!」と間もなく卒業を迎える全国の高校生へ、メッセージを贈った。

田中圭、全国の卒業生へ「目一杯生きて」


今回先生役に挑戦した田中さんは、実際に先生になれるとしたら「憧れっていう意味では、自分が全然しゃべれないので、英語の先生をやってみたいですね」とコメント。

秦さんの「仰げば青空」については、「秦さんの歌がすごく好きで、少しだけ交流というか面識があって、しょっちゅう聴いている方なんですけど、卒業ソングが初めてというのがちょっと意外でした。この曲もきっとこれから定番の卒業ソングになっていくんだろうなと思いました」と聴いた感想を語る。

また、卒業を迎える全国の高校生へ「ご卒業おめでとうございます。今回のテレビCMで僕が演じた先生役に、『これからの人生、学校以上にしばられることがたくさんある』というようなセリフがあるんですけど、その通りだと思います。ですが、大人になって社会に出て、しばられることとしっかり向き合いながら、ちゃんと戦ったり、しばってくるものをブチ壊したりとか、新しい風を吹かすチャンスは皆さんにいくらでもあると思います。『しばられるな』ということで、自由に、伸び伸びと、楽しく、目一杯生きてください。頑張ってね」と温かい言葉をかけた。

秦基博、作詞作曲のエピソード明かす


今回自身初の卒業ソングとなった「仰げば青空」は、秦さんが歌、作詞・作曲、編曲も手掛けている。どのような視点で作詞・作曲したのか聞いてみると、「卒業式の当日の『今までの日々の暮らしから離れて、別れがあって、新しい旅立ちが待っている』というその瞬間のちょうどはざまを描けたらいいなと思って。その日の空気とか光の具合とか周りの景色とかを、自分の中で思い起こしながら書きました」と明かす。

また「卒業のシーズンって、すごくきれいな春の青空が広がっているような気がしていて、タイトルにもなっている『仰げば青空』というフレーズは、自分でもちょっと気に入っていますね」と語っている。

秦基博
なお、TVCMでは収まらなかった「仰げば青空」の楽曲がたっぷり味わえるウェブムービーも制作。「秦 基博|SoftBank WEB MOVIE『卒業』篇」と題しショートver.がYouTubeソフトバンク公式チャンネルにて近日公開予定となっているほか、楽曲フル尺ver.も制作されるという(公開日未定)。

「仰げば青空」MV
ソフトバンク新TVCM「卒業」篇(30秒 60秒)・「恩師」篇(30秒)は3月8日(金)より放送開始。

《cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加