日本初上陸!池袋「グランドシネマサンシャイン」に4DX+ScreenXの融合シアター登場

今年7月、池袋に開業予定の都内最大級のシネコン「グランドシネマサンシャイン」に、“日本初”となる体感型シアター「4DX with ScreenX」が登場することが分かった。

最新ニュース スクープ
「4DX with ScreenX」イメージ
「4DX with ScreenX」イメージ 全 16 枚 拡大写真
今年7月、池袋に開業予定の都内最大級のシネコンに、“日本初”となる体感型シアター「4DX with ScreenX」が登場することが分かった。

「グランドシネマサンシャイン」は、池袋駅東口エリア最大級の商業ビル・キュープラザ池袋の4階から13階にお目見えする、12スクリーン・2,443席からなる大型シネマコンプレックス。

キュープラザ池袋 外観
この度、同施設に体感型アトラクションシアターとして人気を博している「4DX」と3面マルチプロジェクション上映システム「ScreenX」が1つのスクリーンに融合した「4DX with ScreenX」が日本初上陸。

前後・左右・上下に動くモーションシート、水、風、香り、フラッシュなどの革新的なスペシャルエフェクトによる「4DX」と、視野270度の3面マルチプロジェクション上映システムの「ScreenX」が融合することで、まるで映画の世界の中に自身が置かれたような、これまでにないダイナミックな映画体験が楽しめることに。


「4DX with ScreenX」イメージイメージ ※「CGV龍山アイパークモール」(韓国)「4DX with ScreenX」シアター
また、座席の下面にモーションシートの振動を吸収するスプリングを設置。上下・左右に隣接するシアターに伝わる振動を最小限に低減することで、シネマコンプレックス全体として、快適な視聴環境を実現したという。

「4DX with ScreenX」イメージイメージ ※「CGV龍山アイパークモール」(韓国)「4DX with ScreenX」シアター
さらに「グランドシネマサンシャイン」といえば、常設の映画館として国内最大となる高さ18.9m×幅25.8mのスクリーンを備えた「IMAX(R)レーザー/GTテクノロジー」シアターも登場することが先に発表されており、これに次ぐ大きな目玉となりそうだ。

IMAX
なお、館内各所には、国内の有名クリエイティブスタジオ「WOW」がプロデュースしたインスタレーションを設置。4F・エントランスロビーには球状のオブジェクトに映像を投影した万華鏡のような立体アート、12F・ホワイエ&ラウンジスペース天井には「Motion Ceiling」と名づけられた天上画アートモーショングラフィックスなどが登場する。

グランドシネマサンシャイン インスタレーション
シアターのあるホワイエやコリドーは、フロアごとに異なる国際映画祭をイメージしたインテリアで統一する予定という。

グランドシネマサンシャイン 6階コリドー(イメージ)
「キュープラザ池袋」内「グランドシネマサンシャイン」は7月オープン予定。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加