エミリア・クラーク、8年前にくも膜下出血で死の淵から生還…壮絶体験を明かす

「ゲーム・オブ・スローンズ」(以下、「GoT」)デナーリス・ターガリエンを演じているエミリア・クラークが、2011年に「死の淵から生還」する壮絶体験をしていたことを明らかにした。

最新ニュース ゴシップ
エミリア・クラーク-(C)Getty Images
エミリア・クラーク-(C)Getty Images 全 4 枚 拡大写真
「ゲーム・オブ・スローンズ」(以下、「GoT」)デナーリス・ターガリエンを演じているエミリア・クラークが、2011年に「死の淵から生還」する壮絶体験をしていたことを明らかにした。

始まりは、「GoT」シーズン1の撮影前にトレーナーとワークアウトをしていたときのこと。頭痛を感じたエミリアはトイレに駆け込み、床に膝をついてしまうほどの猛烈な吐き気に襲われたという。「打たれたような、突き刺すような…締めつけ感のある痛みがどんどんひどくなっていったの。あるレベルに達すると、理解できた。ああ、脳がダメージを受けたんだってね」。

すぐさま病院に運ばれ、くも膜下出血という診断が下されたエミリアは即手術を受けることに。目を覚ますと自分の名前が分からない、失語症の症状が襲い、大パニックに見舞われたという。この手術後の入院中に、さらなる動脈瘤も発見されたが緊急性がないことと、女優業に影響があるということで、再度の手術は見送った。

しかし、2013年に動脈瘤が2倍の大きさになっていることが発覚し、再び手術を受けた。1回目の手術よりも術後の経過が芳しくなく、「死なせて」と医療スタッフに懇願したこともあったが、完治したそうだ。

エミリアは8年間、この件について沈黙を貫いていたが、十数時間前にSNSでチャリティー団体を設立したことと、「The New Yorker」誌に病気に関する手記を寄稿したことを発表。「SameYou」と名付けられたチャリティー団体は、若くして脳の病気を患った人たちをサポートしていくそうだ。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集

友だち追加