「GoT」アリア役メイジー・ウィリアムズ、ピンクの髪は女優休業の意思表示!

まもなくファイナルシーズンが放送開始となる「ゲーム・オブ・スローンズ」(以下、「GoT」)でアリア・スターク役を演じてきたメイジー・ウィリアムズが、姉サンサ役のソフィー・ターナーと「Rolling Stone」誌の表紙を飾った。

最新ニュース ゴシップ
メイジー・ウィリアムズ-(C)Getty Images
メイジー・ウィリアムズ-(C)Getty Images 全 7 枚 拡大写真
まもなくファイナルシーズンが放送開始となる「ゲーム・オブ・スローンズ」でアリア・スターク役を演じてきたメイジー・ウィリアムズが、姉サンサ役のソフィー・ターナーと「Rolling Stone」誌の表紙を飾った。

12歳のときにオーディションを受けてから9年。アリア役をついに演じ終えたメイジーは、昨年12月に前髪をつくり、髪を大好きなピンクに染めるという形でアリアに別れを告げた。現在はクリエイター向けのSNS「Daisy」の運営のため、毎日オフィスに通っているという。

「ピンクは世界で一番好きな色。ピンクの髪でピンクのパーカを着て、ピンクのノートパソコンを取り出して…。パソコンの壁紙もスクリーンセーバーもピンクよ。実は長い間、好きな色は“緑”だっていうフリをしていて。ピンクが好きな色だと、『フェミニストじゃないみたい』と思ったのよね。でも、それってバカげた考えだった」。

髪をピンクに染めると、女優業に影響が出るはず。メイジーにとっては、それこそが彼女の「意思表明」だったようだ。「(女優の)仕事をしたくない。そういう気持ちが無意識に働いて、髪を染めちゃったんだと思うわ。だって、休業するのにすごくいいやり方でしょ。これぞ私って感じで、最高に気持ちがいい」と満足げ。

今後はすでに撮り終えている『X-Men』のスピンオフ映画『The New Mutants』(原題)の公開が予定されているが、2回めの公開延期が発表になり、メイジー自身も「もっと怖い映画にするために撮り直すって言われているんだけど…。いつ本当に公開になるのか、全然分からない」とのこと。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集

友だち追加