「指輪物語」はこうして生まれた…『トールキン』“フロド役”浪川大輔ナレ入り予告

ニコラス・ホルト主演で、『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』三部作の原作者J・R・R・トールキンの前半生を描き出す『TOLKIEN』の邦題が『トールキン 旅のはじまり』に決定。本作のポスタービジュアルと、声優・浪川大輔のナレーション入り予告映像が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『トールキン 旅のはじまり』 (C)2019 Twentieth Century Fox
『トールキン 旅のはじまり』 (C)2019 Twentieth Century Fox 全 4 枚 拡大写真
ニコラス・ホルト主演で、『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』三部作の原作者J・R・R・トールキンの前半生を描き出す『TOLKIEN』の邦題が『トールキン 旅のはじまり』に決定。本作のポスタービジュアルと、声優・浪川大輔のナレーション入り予告映像が解禁となった。

「指輪物語」「ホビットの冒険」を生んだ伝説の作家トールキンを演じるのは、『女王陛下のお気に入り』や『X-MEN』シリーズのニコラス・ホルト、彼のミューズとなるエディスには『あと1センチの恋』のリリー・コリンズ。そして監督にはフィンランドが誇る注目の才能ドメ・カルコスキと、次世代の気鋭が集結した本作。

『TOLKIEN(原題)』 (C)2019 Twentieth Century Fox
到着した予告映像は、「子供の頃から言葉に魅せられた。自分の言葉を発明したよ。英雄の物語を作った」と明かすトールキンに、エディスが「物語を聞かせて。あなたの好きな言葉で」と微笑みかけるシーンから始まっている。

トールキンの説明と共に映し出されるのは、冒険に憧れた子ども時代から、 “芸術”への野心を語り合った仲間たちとのかけがえのない日々、そして運命の人エディスとの出会い…。だが、それらは突如勃発した世界大戦によって容赦なく引き裂かれていく。

映像内には、煙の姿をした怪物や、炎を吐くドラゴンといった名作のワンシーンを彷彿とさせる光景も映し出され、計り知れない想像力から創り出されたあの世界観の原点がますます気になると共に、トールキンをあの壮大な物語の執筆へと駆り立てた理由がどのように描かれるのか期待の膨らむ仕上がりとなっている。


そして予告映像のナレーションは、「指輪物語」の実写化作品『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの日本語吹替え版で主人公フロドの声を務めた浪川大輔が担当。浪川さんは、「『ロード・オブ・ザ・リング』は僕にとって転機となる作品だったので、時間がたってもまたこのように携われるのは幸せですし、非常に光栄」と喜びをあらわにする。

さらに本作について「『ロード・オブ・ザ・リング』を生み出した原点を描いていて、作品の中にオマージュもあると伺い、とても楽しみです。早く映画館で観たいです」と期待たっぷりのコメント。収録を終え、「今回久しぶりに、”あの時”の気持ちにかえってやりました」ともふり返っている。

『トールキン 旅のはじまり』 (C)2019 Twentieth Century Fox
また、併せて到着したのは、ニコラス演じるトールキンと“指輪”が大きく映し出されたポスタービジュアル。指輪のなかには、最愛の人エディスと学生時代にともに芸術に打ち込んだトールキンを含む4人の若者たちの姿が。

「あの壮大な冒険物語は、愛と友情、そして勇気から生まれた。」とのキャッチコピーは「ホビットの冒険」や「指輪物語」での胸躍る旅を彷彿とさせるものとなっている。

『トールキン 旅のはじまり』 (C)2019 Twentieth Century Fox
『トールキン 旅のはじまり』は8月、全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加