木村多江や仲間由紀恵も!最新作『貞子』に連なる『リング』シリーズの女優たち

先日、「世界が尊敬する日本人100」に“怨霊”代表として選出された貞子。過去に貞子を演じてきた女優たち、そして貞子に翻弄されてきた“絶叫”女優たちに迫った。

最新ニュース コラム
『貞子』 (C) 2019「貞子」製作委員会
『貞子』 (C) 2019「貞子」製作委員会 全 30 枚 拡大写真
「きっと来る~」の音楽でお馴染み、ジャパニーズホラーの原点にして金字塔である『リング』シリーズ。5月は、中田秀夫監督が20年ぶりにシリーズでメガホンを取り、池田エライザを主演に迎えた最新作、その名も『貞子』が世に放たれる。

白いワンピースをまとい、古井戸やテレビ画面から這い出てくる黒髪ロングヘアの怨霊・貞子は、いまや誰もが知る恐怖のアイコン、平成時代を代表するホラーヒロイン。なんと先日、「世界が尊敬する日本人100」に“怨霊”代表として選出されるという快挙も果たした。そんな貞子を過去に演じてきた女優たち、そして貞子に翻弄されてきた“絶叫”女優たちには、現在も活躍する人気女優たちが勢ぞろいしている。

貞子、「世界が尊敬する日本人100」のひとりに


原作となったのは、“見た者は1週間後に呪い殺される”という“呪いのビデオ”の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説。「リング」(1991)、続く「らせん」(1995)、完結編「ループ」(1998)の3部作は平成を代表するベストセラーホラーとして知られている。

1995年製作の“2時間ドラマ”を経て、1998年に公開された中田監督、高橋洋脚本による映画『リング』に登場した貞子は、彼女の呪いそのままに、その姿を目にした者に圧倒的な恐怖を植え付けた。『リング』と後日談『らせん』は2本立てで公開され、興行収入20億円を超える大ヒットを記録。2002年以降、ハリウッドでもリメイクされており、貞子は日本、いや世界で最も有名な怨霊にして最恐ホラーヒロインの代名詞となった。

『リング』(C)1998「リング」「らせん」製作委員会
そんな貞子が、4月30日号の「ニューズウィーク日本版」にて発表された「世界が尊敬する日本人100」に、怨霊として初めて選出された。プロテニスプレイヤーの大坂なおみ、元メジャーリーガーのイチローなどが選ばれる中、貞子は“Rest of the Best”(学者から役者まで、世界が驚いた日本人)として、『名探偵コナン』の原作者・青山剛昌、芸術家の草間彌生、そしてVTuber(バーチャルYouTuber)として近年若者から絶大な人気を誇るキズナアイといった著名人たちと肩を並べている。

この快挙に対して貞子は、「大変光栄です! 言葉と文化の壁を越えて評価いただいたとのことで、あの時、ブラウン管の壁を超えておいて本当に良かったな、と井戸より深く感じ入る次第です。鈴木光司先生、中田秀夫監督はじめ、これまで『リング』シリーズを育てていただいた皆様に、心より御霊申し上げます」と謙虚にコメント。

では、そんな貞子が生み出した“恐怖”の変遷を見ていこう。


全ての始まり…松嶋菜々子主演『リング』初の被害者は竹内結子


『リング』(1998)の主人公は原作の新聞記者の男性から女性TVレポーター・浅川玲子に変更され、現在NHK連続テレビ小説(以下、朝ドラ)「なつぞら」に出演中の松嶋菜々子が演じた。同「ひまわり」のヒロインで知名度のあった松嶋さんは本作でさらにブレイク、以降、「GTO」や「救命病棟24時」「魔女の条件」「やまとなでしこ」などで人気女優となっていく。

松嶋菜々子
浅川とともに調査に臨む大学講師・高山竜司を演じたのは真田広之。そして山村貞子(伊野尾理枝)の最初の犠牲者となる、浅川の姪で女子高校生・大石智子を演じていたのが、初めての映画出演だった当時17歳の竹内結子。その2年後に朝ドラ「あすか」のヒロインに抜擢された竹内さんだが、押し入れの中で見つかった“その姿”はトラウマになりそうなほど衝撃的…。以来、ホラーが苦手になってしまったらしい竹内さんは、『残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-』ではホラー映画引退宣言(!?)も飛び出したほど。

竹内結子

『らせん』ヒロインの“超能力少女”は中谷美紀


『リング』と同時上映された『らせん』では、高山竜司の助手で超能力を持つ高野舞が主人公となった。カルト的作品「NIGHT HEAD」の飯田譲治が監督を務めた本作は、医師・安藤(佐藤浩市)が謎の死を遂げた友人・高山(真田さん)を司法解剖したことから、あるウイルスに関わる事件に巻き込まれていく。

貞子役は『アサルトガールズ』『僕はイエス様が嫌い』などの佐伯日菜子が務め、『リング』に引き続き舞、そして復活した貞子の二役を演じた中谷美紀もミステリアスな雰囲気がハマり、その後「ケイゾク」シリーズ、『電車男』『嫌われ松子の一生』などでトップ女優となる。

中谷美紀

『リング2』深田恭子も呪いのビデオの被害者だった


中谷さん演じる高野舞を主人公に、貞子の悲劇や怨念により迫るオリジナル脚本(高橋洋)で描かれたもう1つの続編『リング2』(1999)も、興行収入42億円を記録する大ヒットに。本作でつい呪いのビデオを見てしまい、犠牲者となる女子高校生・沢口香苗を演じていたのが、この前年、ドラマ「神様、もう少しだけ」でHIVに感染する女子高生を熱演して注目を集めていた深田恭子だ。

深田恭子
また、松嶋さんと真田さんも『リング』『らせん』と同じ役で特別出演しているが、『リング』で友人の智子(竹内さん)を襲った貞子の呪いを目の当たりにしながら奇跡的に生き残った倉橋雅美役で佐藤仁美が出演。そのトラウマから精神病院に入院しており、体内に貞子の怨念が宿っていることが分かっていた。

『貞子』(C)2019「貞子」製作委員会
なお、今回の最新作『貞子』にて、佐藤さんは20年ぶりに同役でシリーズに再登場! 池田エライザ演じる主人公・茉優が勤める精神病院の患者であり、茉優に異常な執心を燃やす女性となるという。「そういえば私! 生きてた!!!」と最新作のオファーに驚く佐藤さんは、「20年ぶりの生き残りがどうなったのか、楽しみにしててください」と期待を煽っている。なお、本作で精神科医師を演じていたのは、「HERO」でブレイクする前の小日向文世。


TVドラマ版・貞子は木村多江が話題に!


1999年には映画『リング』の好評を受けて、連続ドラマ「リング~最終章~」も制作された。柳葉敏郎や長瀬智也ら豪華キャストに加え、貞子役を演じて注目を集めるようになったのが「後妻業の女」や「あなたの番です」の木村多江だ。貞子の母・山村志津子と二役を務めた。

木村さんは本作の後、「救命病棟24時」(2期)「大奥」などで活躍しながら、リリー・フランキー共演の映画初主演作『ぐるりのこと。』(2008)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ数々の賞を受賞するまでに。

木村多江
また、映画版とは異なるストーリーでドラマ「らせん」も登場。TVドラマ版の高野舞/復活した貞子役は矢田亜希子が務め、須藤理彩らも二役で貞子を演じていた。


『リング0 バースデイ』仲間由紀恵が若き貞子に


2000年には、仲間由紀恵が映画初主演を務めた『リング0 バースデイ』が公開。鈴木氏の原作「バースデイ」のエピソードに映画独自の設定を盛り込んだ、誰もが知る貞子が誕生するまでを描いた“エピソード0”だ。

仲間由紀恵
劇団・飛翔の看板女優が怪死を遂げ、次の公演の主役に新人の山村貞子(仲間さん)が抜擢される。稽古場ではその後も次々と怪現象が起き、貞子に疑いの目が向けられ…。

監督は「ほんとにあった怖い話」を手掛けている鶴田法男。10代の貞子をまだあどけなさの残る仲間さんが演じたが、ラスト、井戸に落とされたときの後味の悪さは半端ない。仲間さんは本作の直後にドラマ「トリック」の山田奈緒子役に抜擢され、2002年「ごくせん」のヤンクミで大ブレイクする。


ナオミ・ワッツ主演でハリウッドリメイクも!


2002年といえば、ナオミ・ワッツ主演で1作目『リング』をハリウッドリメイクした『ザ・リング』が公開に。新聞記者の主人公を演じたワッツは、本作により世界的に名を知られるようになり、翌年『21グラム』でアカデミー賞にノミネートされた。監督は後に『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』から『ワールド・エンド』までシリーズを手掛けたゴア・ヴァービンスキー。

『ザ・リング2』 メイン
続くハリウッドリメイク作『ザ・リング2』(2005)は完全オリジナル・ストーリーながら、中田監督がメガホンをとりハリウッドにて監督デビュー。『リング』と貞子(サマラ)はジャパニーズ・ホラーの代表格として地位を確立する。

さらに2017年には、原作者・鈴木氏が「ハリウッドで作られたリングシリーズ史上、もっとも原作に忠実で、もっとも怖い」と評した『ザ・リング/リバース』が登場。スペインの新星F・ハビエル・グティエレス監督、イタリアの新進女優マチルダ・ルッツというフレッシュなコンビで、原点回帰にしてパソコンやスマホにも呪いが増殖していく現代らしい視点が取り入れられた。

『ザ・リング/リバース』(C) 2017 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
なお、韓国でもリメイクされ、東京国際映画祭で『リング・ウィルス』(1999)として上映(劇場未公開)。韓国版貞子、パク・ウンソはいまや国際派女優のペ・ドゥナが演じていた。


最恐ホラーヒロインがアイコン化!『貞子3D』


2012年には、現代版貞子が3Dとなってスクリーンから飛び出す『貞子3D』が公開された。石原さとみが“呪いのビデオ”ならぬ“呪いの動画”により教え子を失い、事件に巻き込まれていく女子高教師・鮎川茜、瀬戸康史がその恋人・安藤役で出演し、監督は「賭ケグルイ」『ヒロイン失格』の英勉と、まるで胸キュン青春映画のような布陣。

石原さとみ
そして、本作で貞子役を演じていたのは、映画『告白』(2010)で一躍注目を集めていた若手女優・橋本愛だ。原作者・鈴木光司の書き下ろし小説「エス」を基に、約12年ぶりにスクリーンに復活した貞子が、人々を再び死の恐怖に陥れた。

『貞子3D』 -(C)  2012『貞子3D』製作委員会
また、『リング』シリーズ史上初、“実体化”した貞子が舞台挨拶に登壇し、質疑応答に応じたことも。石原さんの「おいくつですか?」には監督を介して「享年17。ざっくり高2」と返事が…。瀬戸さんの「今回は呪いの動画になってますが」という問いには「ビデオテープはいま売ってない。IT革命」などと珍解答が発せられ、会場が笑いに包まれることに。ほかにも「ハローキティ」や「ケロロ軍曹」とのコラボや、始球式への登板など、コミカルな宣伝路線が若年層の心をつかんだ。

スマホアプリとの連動上映も『貞子3D2』


翌2013年には、橋本さんが貞子役を続投し、ヒロイン・安藤楓子役に『風立ちぬ』で声優を務めた瀧本美織を迎えた『貞子3D2』が公開。前作から5年後、安藤兄妹の周囲で再び“呪いの動画”による死亡事件が発生していく。

瀧本美織/『貞子3D2』初日舞台挨拶
画期的だったのは、無料スマートフォンアプリと本編を連動させた映画史上初の「スマ4D」という上映方式。貞子から着信があったり、カメラのフラッシュが突然光ったりと、映画鑑賞のマナーを思えばよろしくない機能ばかりだったが、現在の応援上映のように“アトラクション”として映画を楽しむ先駆け的な企画だったといえる。

貞子/『貞子3D2』呪いのプレミア 大夏祭り

2大ホラーキャラが共演『貞子vs伽椰子』


『リング』と『呪怨』という日本を代表する2大ホラーシリーズが、エイプリルフールのをきっかけに(?)コラボしてしまった『貞子vs伽椰子』(2016)。“呪いのビデオ”を入手したために貞子の標的となる女性・有里役を山本美月、“呪いの家”で伽椰子と俊雄の母子霊に脅かされていく鈴花役を玉城ティナが熱演した。

『貞子 vs 伽椰子』(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
このときにも貞子、伽椰子&俊雄が始球式に登壇、寸劇風のパフォーマンスを繰り広げたことが話題に。また、総選挙ならぬ“総選恐”として、貞子と伽椰子の人気投票が実施され、双方合わせて13万に及ぶ票を集めた。結果は僅差で貞子の勝利。物言わぬ彼女は舞台挨拶に立ち、敗者の伽椰子&俊雄は罰ゲームとして渋谷の街でゴミ拾いを行うという、シュールで攻めた宣伝は本編の怖さとのギャップが人気となった。

『貞子』池田エライザが絶叫ヒロインに仲間入り


『リング』シリーズの最新作『貞子』では、ハリウッド版『ザ・リング2』以来、14年ぶりとなる中田監督の手により、“呪いの動画”からまたも恐怖が拡散していく。中田監督は、初代『リング』を知る世代には「『そうそう!』と肯いてもらえるものを、観てはなくとも貞子の風貌、動きは知っているティーンたちには、『今度の貞子はここが違う、スゴい!』と驚愕してもらえるものを目指した」と語っており、リアルタイム世代やその子世代もそろって楽しむことができそうだ。

『貞子』(C)2019「貞子」製作委員会
『貞子』は5月24日(金)より全国にて公開。

「リング」Blu-ray(¥3,800+税)発売中。
発売:KADOKAWA 販売:ポニーキャニオン
(C)1998「リング」「らせん」製作委員会

《text:Reiko Uehara》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加