柄本明、ひとり舟を漕ぐ姿が切ない…オダギリジョー長編初監督作『ある船頭の話』特報

オダギリジョーの長編初監督作品であり、日本を代表する名優・柄本明が主人公のトイチ役を務める『ある船頭の話』の公開日が決定。併せて、第1弾ポスターと特報が解禁となった。

映画 邦画ニュース
『ある船頭の話』  (C) 2019「ある船頭の話」製作委員会
『ある船頭の話』  (C) 2019「ある船頭の話」製作委員会 全 5 枚 拡大写真
オダギリジョーの長編初監督作品であり、日本を代表する名優・柄本明が主人公のトイチ役を務める『ある船頭の話』の公開日が決定。併せて、第1弾ポスターと特報が解禁となった。

>>『ある船頭の話』あらすじ&キャストはこちら

今回解禁となった第1弾ポスターは、映画のキーカラーでもある「赤」をベースに、広大な河でひとり舟を漕ぎ進む船頭トイチの姿を切り取ったインパクトあるビジュアルとなっている。


また、併せて解禁された特報では、ティグラン・ハマシアンによる弦とピアノの旋律に乗せて撮影監督のクリストファー・ドイルが捉えた日本の原風景が映し出され、まさに息を呑む美しさで映画の世界観が垣間見える。ひぐらしの鳴き声をバックに、こちらを見据えるトイチ(柄本明)の表情は何を物語っているのか? どこか懐かしさと切なさを感じさせる映像となっている。


台詞の一切無いこの特報は、「一艘の舟。全てはそこから始まる。」というキャッチコピーとともに締め括られ、そこにはオダギリジョー監督の「舟に乗り込む客にはそれぞれに理由があり、船頭が彼らにどのように関わっていくのかを丁寧に描きたかった」という思いが込められているという。

本作が長編初監督作品となるオダギリジョーさんは、移りゆく時代の中でなおも船頭を続ける男の物語をどのように描くのか? 引き続き続報に注目したい。


『ある船頭の話』は9月13日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加