マッテオ・ガローネ監督最新作、犬たちが目撃する不条理な人間の世界…『ドッグマン』予告編

カンヌ映画祭で2度のグランプリを受賞したイタリアの鬼才マッテオ・ガローネ監督の最新作であり、2018年のカンヌ映画祭で主演男優賞とパルム・ドッグ賞を受賞した『ドッグマン』の予告編が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『ドッグマン』 (C) 2018 Archimede srl - Le Pacte sas
『ドッグマン』 (C) 2018 Archimede srl - Le Pacte sas 全 1 枚 拡大写真
カンヌ映画祭で2度のグランプリを受賞したイタリアの鬼才マッテオ・ガローネ監督の最新作であり、2018年のカンヌ映画祭で主演男優賞とパルム・ドッグ賞を受賞した『ドッグマン』の予告編が解禁となった。

>>『ドッグマン』あらすじ&キャストはこちら

今回解禁された予告編では、犬のトリミングサロン「ドッグマン」を経営する主人公マルチェロの平和な日常が壊れていく様が切り取られている。

娘と犬をこよなく愛する心優しいマルチェロは暴力的な友人シモーネの誘いも、仲間たちのシモーネ殺害計画も断り切ることができない。そんな彼の態度がやがて大きな事態へと繋がっていくことに…。


冒頭では陽気な音楽をバックに、犬の手入れをしたり娘と戯れたりする楽しそうなマルチェロの姿が確認できるが、シモーネの登場とともに空気は一変。不穏な効果音とシモーネの暴力に支配されるマルチェロの姿が不安な気持ちにさせ、威嚇するかのように歯をむき出して吠える犬がそれをさらに助長。人間の残酷さと滑稽さが垣間見えるダークでスリリングな予告編となっている。

犬たちが目撃する不条理の穴に堕ちていく主人公の姿とは―。本作で2018年カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞したマルチェロ・フォンテと、パルム・ドッグ賞を受賞した犬たちによる名演技にも注目しながら、是非スクリーンで確かめてみて。

『ドッグマン』は8月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加