樹木希林世界デビュー作『命みじかし、恋せよ乙女』予告編公開! 公開日は8月16日

樹木希林さんの海外デビュー作であり、遺作となった『Cherry Blossoms and Demons』の邦題が『命みじかし、恋せよ乙女』に決定、8月16日に公開される。

映画 洋画ニュース
『命みじかし、恋せよ乙女』(C)2019 OLGA FILM GMBH, ROLIZE GMBH & CO. KG
『命みじかし、恋せよ乙女』(C)2019 OLGA FILM GMBH, ROLIZE GMBH & CO. KG 全 3 枚 拡大写真
樹木希林さんの世界デビュー作であり、遺作となったドイツ映画『Cherry Blossoms and Demons』が、『命みじかし、恋せよ乙女』の邦題で8月16日(金)より日本公開されることが決定。予告編とポスタービジュアルが到着した。

>>『命みじかし、恋せよ乙女』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、ドイツ人俳優ゴロ・オイラーと、日本人舞踏家の入月絢が主演を務め、酒に溺れ人生を見失ったカール(ゴロ)と、かつて彼の父と親交があった日本人女性ユウ(入月さん)が、人生を取り戻すために共に旅をする物語。樹木さんは、カールが訪れる茅ヶ崎館の老女将役を演じている。

樹木希林/『Cherry Blossoms and Demons』(英題)(C)Constantin Film Verleih GmbH/ Mathias Bothor
今回到着した予告編では、日本を訪れたカールを迎える老女将役の樹木さんが、「あなた生きてるんだから、幸せにならなきゃ駄目ね」と、まるでいまを生きる全ての人へ向けたようなセリフが収録。

また、酒に溺れるカールや、彼とユウの不思議な出会いが描かれている。


そして予告編と併せて、茅ヶ崎館の美しい庭を背景にスノードームを見つめる老女将と、茅ヶ崎の海で抱き合う2人、そしてドイツの森の中で目を閉じるカールの3場面が1枚に合わさたポスタービジュアルも到着した。

生きることの美しさと残酷さを描いた感動ドラマの中で、最後の演技となった樹木さんの姿を目に焼きつけて。

『命みじかし、恋せよ乙女』(C)2019 OLGA FILM GMBH, ROLIZE GMBH & CO. KG
『命みじかし、恋せよ乙女』は8月16日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて順次公開。

《cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加