大友克洋監督新作SF長編アニメーション『ORBITAL ERA』製作決定! 「AKIRA」新アニメ化も

大友克洋監督の最新映画『ORBITAL ERA』(オービタルエラ)の製作が決定。「Anime Expo 2019」で開催したサンライズパネル内にて発表が行われた。

映画 邦画ニュース
『ORBITAL ERA』(C)KATSUHIRO OTOMO・MASH・ROOM/O.E PROJECT
『ORBITAL ERA』(C)KATSUHIRO OTOMO・MASH・ROOM/O.E PROJECT 全 3 枚 拡大写真
大友克洋監督の最新映画『ORBITAL ERA』(オービタルエラ)の製作が決定。「Anime Expo 2019」で開催したサンライズパネル内にて発表が行われた。

1988年公開の『AKIRA』、2004年の『スチームボーイ』に続く3作目の長編アニメーション映画となる新作『ORBITAL ERA』は、近未来、建設途上のスペースコロニーを舞台に特異な環境や社会の中、翻弄されながらも生きていく少年たちの冒険活劇。大友監督自身が原案・脚本・デザインワーク・監督を手掛け、少年の目を通して“人類未来のリアル”を描く。


加えて今回、1982年から1990年にかけて「週刊ヤングマガジン」で連載、1988年にアニメ化・ゲーム化され、一大ブームを巻き起こした「AKIRA」の新アニメ化プロジェクトも発表。

さらに、同じく大友克洋プロジェクトとして、大友監督が表現者として世に出た1971年の漫画デビューから、全ての作品や発言を年代順に収録した大全集を出版するプロジェクト「OTOMO THE COMPLETE WORKS」の始動も発表。

どちらもより詳しい内容は未発表。決まり次第、随時発表していくという。

『ORBITAL ERA』(C)KATSUHIRO OTOMO・MASH・ROOM/O.E PROJECT

《cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加