テイラー・スウィフトの自宅にバットや鍵開け道具を持った男が出現&逮捕

先週末、ロードアイランドのテイラー・スウィフトの自宅付近をうろついていた男、デヴィッド・リドル容疑者が、逮捕された。

最新ニュース ゴシップ
テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
テイラー・スウィフト-(C)Getty Images 全 3 枚
拡大写真
先週末、ロードアイランドのテイラー・スウィフトの自宅付近をうろついていた男、デヴィッド・リドル容疑者が、逮捕された。

ウェスタリー警察の発表によると、19日(現地時間)、現地から「怪しい男がいる」として通報があり、警察が駆け付けた。警察がリドル容疑者のバックパックを調べると、アルミ素材の野球バット、鍵開け道具、バール、ドライバー、ゴム手袋、懐中電灯など不審なものがたくさん詰まっていたとのこと。リドル容疑者は住居侵入道具と武器の所持で御用となった。幸い、テイラーは自宅にいなかった。

警察は「リドルは『テイラーのことを個人的に知っており、会いに来ただけ』と何度も言っていましたね」とふり返る。「『歌手としてのキャリアを築きたかった。そのために、テイラーが手助けしてくれることを約束したから』とも言っていました」。

リドル容疑者は、テイラーのセキュリティーガードの間で「注意人物リスト」に載っている“有名人”だった。過去、ロードアイランド以外のテイラーの所有物件も訪れていたようだ。


月曜日、保釈金が1万ドル(約108万円)に設定されたが、リドル容疑者はいまだ拘留中。今後、精神鑑定も行われる。

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]