高良健吾に女性がメロメロ…成田凌&竹中直人らが大暴れ『カツベン!』予告

成田凌、竹中直人、高良健吾ら豪華俳優陣が登場する『カツベン!』の予告編が到着した。

映画 邦画ニュース
『カツべン!』(c)2019「カツベン!」製作委員会
『カツべン!』(c)2019「カツベン!」製作委員会 全 5 枚 拡大写真
周防正行監督が贈る活動弁士を夢見る青年を主人公にした極上エンターテインメント『カツベン!』から、成田凌、竹中直人、高良健吾ら豪華俳優陣が登場する予告編が到着した。

>>『カツベン!』あらすじ&キャストはこちらから

いまからおよそ100年前、日本では映画が「活動写真」と言われ、日本独自の文化が華開いていた。当時、最先端だった映画はサイレントでモノクロ。日本人が映画の虜になったのは、楽士の奏でる音楽と共に、独自の“しゃべり”で観客を映画に引き込む「活動弁士」(通称:活弁)がいたからだった――。

『カツべン!」(c)2019「カツベン!』製作委員会
本作では、この活動弁士を夢見る青年を主人公に、完全オリジナル脚本で映画化。物語の主人公は、小さな町の映画館「青木館」に流れついた一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎。閑古鳥の鳴く青木館にいたのは、人使いの荒い館主夫婦や、傲慢で自信過剰な弁士など曲者揃い。そして、雑用ばかり任される俊太郎の前に、大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手が現れ…というストーリー。

『カツべン!』(c)2019「カツベン!」製作委員会
周防正行監督の4年ぶりとなるオリジナル最新作、そして成田凌が映画初主演を務めることでもすでに話題になっている本作だが、この度、第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント「ジャパン・フォーカス」に正式出品することも決定した。

『カツべン!』(c)2019「カツベン!」製作委員会
世界も注目する中、到着した予告編では、高良健吾扮するイケメン看板弁士が女性たちをメロメロにするシーンから始まり、成田さん演じる俊太郎が働くことになる映画館の館主(竹中直人)やその妻(渡辺えり)をはじめ、弁士で酒飲みオヤジ(永瀬正敏)、ヒロインの新人女優(黒島結菜)、ライバル映画館の親子(小日向文世、井上真央)と、一癖も二癖もありそうな面々が次々登場。

さらに、俊太郎が持つ謎の大金を狙う泥棒(音尾琢真)や泥棒を追う熱血刑事(竹野内豊)の姿も! ドタバタ大騒ぎな映像となっている。


なお、本予告編は本日より全国の劇場でも放映スタートする。

『カツベン!』は12月13日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加