ミラ・ジョヴォヴィッチの“ラスボス感”が半端ない!『ヘルボーイ』第2弾予告

アメコミ界の巨匠マイク・ミニョーラによる人気アメコミシリーズを、デヴィッド・ハーバーを主演に迎え映画化した『ヘルボーイ』から、本ビジュアルと第2弾予告が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『ヘルボーイ』 (C) 2019 HB PRODUCTIONS, INC.
『ヘルボーイ』 (C) 2019 HB PRODUCTIONS, INC. 全 11 枚 拡大写真
アメコミ界の巨匠マイク・ミニョーラによる人気アメコミシリーズを、Netflixの人気シリーズ「ストレンジャー・シングス」のデヴィッド・ハーバーを主演に迎え映画化した『ヘルボーイ』から、本ビジュアルと第2弾予告が解禁となった。

>>『ヘルボーイ』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁された第2弾予告では、1,500年の眠りから覚めて復活し、人間界を滅ぼすべく地獄のモンスターたちを招集していたミラ・ジョヴォヴィッチ演じるブラッドクイーンの頭に、ヘルボーイがいきなり銃弾を撃ち込むシーンから始まる。

ヘルボーイはB.P.R.D.の仲間と共に、ブラッドクイーンの企みを阻止すべく様々なモンスターたちと激しい戦いを繰り広げていく。武器は自慢の拳と銃だけにとどまらず、炎に包まれた剣や巨人サイズの剣まで駆使し、かなりハードでスリリングなアクションシーンが続く。


ブラッドクイーン率いるモンスター軍も多種多様な顔ぶれがそろい、まさに“地獄バトルエンターテインメント”の名に相応しい最高にダークなエンタメ作品となっている。



「我らは結ばれるのだ」と歩み寄るブラッドクイーンを、「冗談じゃねえ。俺はヒーロー、あんたはクソッタレ!」と撥ねつけるヘルボーイ。最後には、ブラッドクイーンが「こちらです、我が王」と手招く先に、地獄の底から這い出たようなヘルボーイの姿が確認でき、2人の関係の変化にも注目が集まる。


予告と同時に解禁された本ビジュアルは、トレードマークである“削られた角”が生え、地球を滅亡させてしまうほどの力を得たヘルボーイが、お馴染みの銃だけでなく剣を携えている姿が印象的。

そしてラスボス感溢れるブラッドクイーンが多くのモンスターを携え、燃え盛る炎の中から向かって来る姿は本編での熾烈なバトルを想起させ、迫力満点なビジュアルに仕上がっている。


『ヘルボーイ』は9月27日(金)よりTOHOシネマズほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加