ミニシンバの圧倒的な歌唱力!「王様になるのが待ちきれない」吹替クリップ

『ライオン・キング』から子ども時代のシンバのピュアな歌声が初披露されるプレミアム吹替版クリップが到着した。

映画 洋画ニュース
『ライオン・キング』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『ライオン・キング』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 全 3 枚 拡大写真
早くも全世界興行収入10億ドルを突破と驚異的なヒットを記録している超実写版『ライオン・キング』。日本公開間近となった今回、子ども時代のシンバのピュアな歌声が初披露されるプレミアム吹替版クリップが到着した。

>>『ライオン・キング』あらすじ&キャストはこちらから

本映像で子どものシンバが歌う楽曲は「王様になるのが待ちきれない」。シンバがサバンナを治める偉大な父ムファサに憧れ、はやく王になりたいと夢見る曲で、いずれ王の座を継ぐ運命にあるシンバの純粋無垢で無邪気な心情が綴られた歌詞と、アップテンポなメロディーが弾ける。

今回プレミアム吹替版で子どものシンバを担当したのは、若干11歳にして圧倒的な歌唱力を持つ熊谷俊輝。ミュージカルを学んでいた姉の影響で歌に興味を持ち、a-nation 2018 supported by dTV & dTVチャンネルにてオープニングアクトも任されるほどの実力を持つ。

映像では、シンバの教育係でもあるザズーをからかいながらシンバが王国を駆け巡るシーンが切り取られ、ハイトーンかつ透明感のある彼の歌声がそんな無邪気で好奇心旺盛なシンバを見事に表現。


またシンバの幼なじみ、子ども時代のナラの吹き替えを務めるのは、アニメ「若おかみは小学生!」で主演も務めた小林星蘭。本作で2人は、成長したシンバとナラにも決して劣らない、抜群のコンビネーションを発揮している。

『ライオン・キング』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『ライオン・キング』は8月9日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加