“太宰”小栗旬、女と仕事でW修羅場!『人間失格』スカパラ主題歌も

小栗旬主演映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』から主題歌入り予告編が到着。

映画 邦画ニュース
『人間失格 太宰治と3人の女たち』(C) 2019 『人間失格』製作委員会
『人間失格 太宰治と3人の女たち』(C) 2019 『人間失格』製作委員会 全 7 枚 拡大写真
小栗旬主演映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』から、本編映像が追加された「東京スカパラダイスオーケストラ」の主題歌入り予告編が到着。正妻 vs 愛人の修羅場と小説家としての修羅場、W修羅場シーンが収められている。

>>『人間失格 太宰治と3人の女たち』あらすじ&キャストはこちらから

今回到着したのは、本作の主題歌「東京スカパラダイスオーケストラ」の「カナリヤ鳴く空feat.チバユウスケ」が挿入され、楽曲と相まって太宰治と3人の女たちの“スキャンダラスな恋”がさらに加速していく予告編。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』(C) 2019 『人間失格』製作委員会
小説「斜陽」誕生の瞬間が映し出される本映像では、弟子であり愛人の静子(沢尻エリカ)の家で彼女の日記を読んだ太宰が、「これで書ける」と静かに興奮する姿や、もうひとりの愛人・富栄(二階堂ふみ)との密会を、妻・美知子(宮沢りえ)と子どもたちに目撃される衝撃的なシーンが新たに公開。普通なら背筋の凍るような修羅場だが…。


さらにそれだけでなく、太宰の“小説家”としての修羅場も。

後に日本を代表する作家となる三島由紀夫(高良健吾)だが、無名時代にスター作家の太宰と直接対面し「僕は太宰さんの文学が嫌いです」と真っ向から批判。そして太宰が彼の首を絞めながら、「あんた、俺のことが好きなんだよ」と急接近する、緊張感漂うシーンも収められている。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』(C) 2019 『人間失格』製作委員会
果たして、太宰はこれらの修羅場をどう乗り切るのか。この続きはぜひ劇場で見届けて。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』は9月13日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加