カメ&ウサギ&イヌ、着ぐるみの正体は上田慎一郎ら監督陣!『イソップの思うツボ』

『イソップの思うツボ』のポスタービジュアルに写る謎の着ぐるみの正体が判明した。

映画 邦画ニュース
『イソップの思うツボ』(C) 埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
『イソップの思うツボ』(C) 埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ 全 5 枚 拡大写真
『カメラを止めるな!』クリエイターが再集結した『イソップの思うツボ』のポスタービジュアルに写る謎の着ぐるみの正体が、3人の監督たちだったことがこのほど判明。さらに、ポスター撮影に挑むメイキング写真も到着した。

>>『イソップの思うツボ』あらすじ&キャストはこちらから

浅沼直也×上田慎一郎×中泉裕矢と、トリプル監督で贈る本作。すでに公開されているポスタービジュアルには下部にメインキャスト3名、そしてメインで写っているのが、登場人物をイメージしたカメ、ウサギ、イヌの着ぐるみ。しかもなぜか捕らわれている謎のカットに。

『イソップの思うツボ』(C) 埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
カメの着ぐるみには、亀田家の演出をメインで担当した中泉監督。ウサギの着ぐるみには、兎草家を担当した上田監督。そして、イヌの着ぐるみには戌井家を担当した浅沼監督がそれぞれ入って撮影されたというこのビジュアル。

『イソップの思うツボ』(C) 埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
過去にアルバイトで何回か着ぐるみを着たことがあると言う上田監督は「記憶に残っているのはレモンマンなる着ぐるみを着て、スーパーのレモン売り場前で子供たちとジャンケンをするバイトをしたことです。パーしか出せない設定でした」とふりかえった。また、着ぐるみでポスター撮影をする案に戸惑ったという浅沼監督は「半信半疑で着ぐるみに入りました。ポスターは凄く気に入っています!」とコメント。中泉監督も「結構動きずらいのでふなっしーやくまモンは凄いと思いました」と人気ゆるキャラを尊敬した。

そんな3人が挑戦した着ぐるみ姿にも、いま一度注目したい。

『イソップの思うツボ』(C) 埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
『イソップの思うツボ』は8月16日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加