リリー・ジェームズ「読むことで恋に落ちる」“手紙”や“本”が物語の鍵に

リリー・ジェームズが主演する『ガーンジー島の読書会の秘密』から、リリーが本作で演じたキャラクターや、劇中で鍵を握る本や手紙について思いを語るインタビュー映像が到着した。

映画 洋画ニュース
『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS 全 15 枚 拡大写真
『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』など、その美しさと愛らしさで世界中を虜にしたリリー・ジェームズが主演する『ガーンジー島の読書会の秘密』から、リリーが本作で演じたジュリエットというキャラクターや、劇中で鍵を握る本や手紙について思いを語るインタビュー映像が到着した。

>>『ガーンジー島の読書会の秘密』あらすじ&キャストはこちらから

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』や『スリー・ビルボード』を世に送り出したプロデューサー陣が再びタッグを組んで贈る本作。リリーは、戦争で両親を亡くした寂しさを抱えながらも、あふれる好奇心とまっすぐな気持ちのままに未来へと進むジュリエットを生き生きと等身大で演じている。

『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
届いたインタビュー映像では、原作に触れ「読み終わる頃には泣いていた。脚本も涙なしには読めなかったわ」と告白。また、本作を「典型的な恋愛映画でも戦争映画でもない」と表現する。

演じた役柄については、「冒頭でのジュリエットは葛藤を抱えているの。前を向いて進みたいと思っているけど、戦争を生き延びたことに罪悪感を覚えているのよ。みんな大きな犠牲を払ったし、新たな世界はお祭り騒ぎに思える。戸惑っているのね。カリスマ性のある男性と情熱的な恋に落ちるけど、どこかで役を演じている作家だからお手のものよ」とコメント。

『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
さらに、「手紙を読むことで主人公たちは恋に落ちる。読書は映画の核として重要な働きをするの」と語り、手紙を書くことについても「文通というのはロマンチックね。机に向かって手紙を書き、待っている相手のことを考えながら投函するのよ。その習慣が薄れたのは残念だわ。私はお礼状を出すのが好きだから頻繁にハガキを書くけど…手書きの機会が減ったせいか字が汚いわ」と、キュートな一面も覗かせている。


そんなリリーをはじめ、マシュー・グード、ペネロープ・ウィルトン、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイといった英国の傑作TVシリーズ「ダウントン・アビー」でお馴染みのキャスト陣に、「ゲーム・オブ・スローンズ」のミキール・ハースマンも参加、海外ドラマファンからも熱い視線が送られている。

『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
『ガーンジー島の読書会の秘密』は8月30日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加