ブラピの相棒!パルム・ドッグ犬との仲良し“二人暮らし”映像解禁『ワンハリ』

クエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』から、ブラッド・ピット演じるスタントマンと第72回カンヌ国際映画祭“パルム・ドック”を受賞した名優犬との仲睦まじい本編映像が解禁。

映画 洋画ニュース
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 全 8 枚 拡大写真
クエンティン・タランティーノ監督のもとレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターが初共演した『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。この度、ブラッド演じるスタントマンと、その“もうひとり”の相棒を演じて第72回カンヌ国際映画祭“パルム・ドック”を受賞した名優犬との仲睦まじい本編映像が解禁となった。

>>『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』あらすじ&キャストはこちらから

1969年のハリウッドを舞台に、レオ演じる人気のピークを過ぎたTV俳優リック・ダルトンと、ブラッド演じるスタントマンのクリフ・ブースの友情と絆を軸に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る本作。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
今回解禁された映像は、クリフ・ブースが暮らすトレーラーハウスでの一幕。専属スタントマンを務めているTV俳優リック・ダルトンを送り届け、帰路についたクリフ。彼の自宅であるトレーラーハウスで待っていたのは愛犬・ブランディ。


クリフはお腹を空かせながら愛する主人の帰りを待っていたブランディのために早速晩ごはんの準備を開始。複数のドッグフードをドッグボウルに豪快にぶち込んだ“クリフ・スペシャル”を手際よく用意すると、尻尾をフリフリしながら合図を待つブランディに向かって、スマートに舌を鳴らしてGOサイン! 勢いよく走りだして、食事にありつく愛犬の様子を微笑ましく眺めるクリフは、リックといるときとは違う一面を見せている。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
本作でブラピと見事なコンビネーションを見せているのは俳優犬のブランディ。毎年、カンヌ国際映画祭開催にあわせて発表される“パルム・ドッグ”を受賞した名優犬の演技は名優たちが勢ぞろいするなかでも目を引くこと間違いなし! また、この屈強そうなブランディは雌犬。タランティーノ監督が「彼女は素晴らしい女優だ」とその演技を褒め称え、パルム・ドッグ賞の授賞式に参加できなかった彼女の代わりに名誉ある「首輪」を受けとったという。レオ様に次ぐ、タランティーノ監督絶賛のブラピの“もう一匹の相棒”がどんな活躍を見せてくれるのか、期待していて。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日(金)から全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加