犬ベイリー 、“犬嫌い”ママにも無邪気に突進!『僕のワンダフル・ジャーニー』本編映像

『僕のワンダフル・ジャーニー』から、ベイリーの無邪気さがかわいい本編映像がシネマカフェに到着した。

映画 洋画ニュース
『僕のワンダフル・ジャーニー』(C) 2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.
『僕のワンダフル・ジャーニー』(C) 2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC. 全 4 枚 拡大写真
『僕のワンダフル・ライフ』で50年で3回も生まれ変わった犬・ベイリーの新たな旅を描く続編『僕のワンダフル・ジャーニー』から、ベイリーの無邪気さがかわいい本編映像がシネマカフェに到着した。

>>『僕のワンダフル・ジャーニー』あらすじ&キャストはこちらから

映像は、ベイリーと飼い主のイーサン、妻・ハンナ、そして孫娘のCJと一緒にプールで水遊びをしているシーン。イーサンの無邪気さも垣間見え、幸せそうなベイリーたちだが、次の瞬間、CJの母・グロリアが帰ってくるとその空気は一変してしまう。

『僕のワンダフル・ジャーニー』(C) 2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.
家族とうまくいっていないグロリア。ベイリーは「一緒に水遊びしたいのかも!?」と無邪気にお尻に突進し、グロリアはプールへ突き飛ばされてしまい、ますます雲行き怪しい雰囲気に…。


グロリアを演じたベティ・ギルピンは、自身は犬が大好きだそうで、「グロリアは犬嫌いなの。私にとって、人としての一番の危険信号ね。私は犬が大好きだから、『カット!』の声がかかった瞬間、犬に駆け寄って、怒鳴りつけたことを謝ったわ」と撮影秘話を明かす。

『僕のワンダフル・ジャーニー』(C) 2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.
ゲイル・マンキューソ監督はそんな犬嫌いなグロリアについて「観客に嫌われるのではないかと心配だった」と語っており、キャラクター描写について悩んだ人物だったよう。しかし、ちゃんと観客へと届く人物として見事に演じきったベティ。「グロリアという女性を、もろさを持った人間として演じてくれた。困難な環境の中で強い親になろうともがいている彼女の複雑さを表現して、見事に演じきってくれたわ」とベティを称えている。

『僕のワンダフル・ジャーニー』は9月13日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加