楽天配給、第一弾はジェームズ・ガン製作の“新感覚ホラー” !『ブライトバーン』予告

楽天の配給作品第1弾となるジェームズ・ガン製作の『Brightburn』(原題)が、邦題『ブライトバーン/恐怖の拡散者』として公開決定。その第1弾予告が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C)The H Collective
『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(C)The H Collective 全 4 枚 拡大写真
今年5月、米国を拠点にする映画製作・配給会社「The H Collective, Inc.」と合弁による映画製作会社「Rakuten Distribution株式会社」の設立を発表した楽天。その配給作品第1弾となるジェームズ・ガン製作『Brightburn』(原題)が、邦題『ブライトバーン/恐怖の拡散者』として11月15日(金)より全国公開することが決定。東宝東和との共同配給となる。その第1弾予告が解禁となった。

本作は、マーベル・スタジオの大ヒット作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズや、DCコミックス原作の『スーサイド・スクワッド2』(仮題)などで知られるジェームズ・ガンがプロデュースを務める、ホラー、SF、サスペンス、ドラマなどのジャンルを超越した全く新しいジャンルミックス映画。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』以前に傑作ホラー作品の数々を手がけていたガンの原点回帰ともなる作品だ。

ジェームズ・ガン-(C)Getty Images
今回解禁となった第1弾予告では、ずっと母になる日を夢見て苦しんできたトリ(エリザベス・バンクス)のもとに、ある日、謎めいた赤ちゃんが現れる。聡明で才能にあふれ、好奇心旺盛な子どもに育った息子ブランドン(ジャクソン・A・ダン)は、トリと夫のカイル(デヴィッド・デンマン)にとってかけがえのない存在となる。

しかし、12歳になったブランドンの中に強烈な闇が現れ、トリも息子に恐ろしい疑いを抱きはじめる。やがてブランドンは、普通の人が持つことのない異常な力を発揮しはじめ、カンザス州・ブライトバーンをとてつもない恐怖に陥れていく――。強大な力を覚醒させた少年から次々と恐怖が拡散されていく、緊迫感あふれる予告映像が完成した。


さらに主題歌は、全世界で最も注目されているアーティスト、ビリー・アイリッシュの「bad guy」に決定。デビュー・アルバム「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」が17歳4か月という若さでアメリカ、イギリスをはじめ、11か国で1位を記録。さらに主題歌となる「bad guy」も全米シングル・チャートで1位を獲得しており、2000年以降に生まれたアーティストでは彼女が史上初の快挙となっている。

主題歌はビリー・アイリッシュの「bad guy」
Instagramのフォロワーは3500万人を超え、社会現象を巻き起こす彼女の歌声がエンディングを飾り、ミステリアスな歌声が本作の余韻をさらに煽ることになるはずだ。

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は11月15日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加