“影”が紡ぐ“渋い男の生き様”物語が連続公開!『SHADOW/影武者』『影踏み』ほか

今年の秋は、“影”にまつわる映画が連続公開。加藤雅也主演『影に抱かれて眠れ』、山崎まさよし主演『影踏み』そして世界の巨匠チャン・イーモウ監督の最新作『SHADOW/影武者』と、“影”が紡ぐ“男の生き様”が描かれている。

韓流・華流 スクープ
『SHADOW/影武者』(C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED
『SHADOW/影武者』(C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED 全 16 枚 拡大写真
今年の秋は、“影”にまつわる映画が連続公開。日本映画では、加藤雅也主演『影に抱かれて眠れ』、山崎まさよし主演『影踏み』といった渋めなハードボイルド小説やクライムミステリーを原作にした作品、そして世界の巨匠チャン・イーモウ監督の最新作として新時代の武侠アクション『SHADOW/影武者』と、“影”が紡ぐ“男の生き様”が描かれている。

影×自由を求める影武者『SHADOW/影武者』(9月6日公開)


『SHADOW/影武者』(C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED
時は戦国時代、一人の影武者が無謀な任務に挑もうとしていた。彼の暮らす沛(ペイ)国が、その領土を強大な炎国に奪われて20年。奪還を願う男たちの燃え上がる闘志を束ねる、頭脳明晰で武芸の達人の重臣・都督(トトク)の影武者だ。影武者と都督、そしてその妻に騙されている若き王は炎国と休戦同盟を結び、平和だが屈辱的な日々に甘んじていた。

だが、影武者は都督の命令に従い、炎国の将軍にして最強の戦士・楊蒼(ヤン・ツァン)に対決を申し込む。都督は影武者に、自由と引き換えに敵地での大軍との戦いを命じていたのだ。都督の勝手な行動に怒り狂う王も、一方で実はある作戦を秘めていた。

『SHADOW/影武者』(C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED
都督とその影武者を一人二役で演じるのは、『戦場のレクイエム』でスター俳優となったダン・チャオ。筋骨隆々の肉体美を作り上げ、過酷な特訓と激しい格闘シーンの続く影武者パートを演じた。なんとそこから20kgの減量を果たし、刀傷から病んでやせ衰えるも、王位への燃え上がる野心と妻と影武者への嫉妬を活力に暗躍する都督役に挑み、鬼気迫る存在感でスクリーンを圧倒する。果たして、影武者は“影”で終わる運命なのか、その生き様に注目してみてほしい。

背負うもの全てが影になる…『影に抱かれて眠れ』(9月6日公開)


『影に抱かれて眠れ』(c)BUGSY
講談社創業100周年記念出版作品となる、北方謙三原作の「抱影」(講談社文庫刊)を映画化。横浜・野毛を舞台に、スタイリッシュな劇的展開を堪能させてくれる硬派な作品が誕生した。物語の主人公は、こよなく酒を愛し、野毛の街を愛する抽象画家・硲冬樹(加藤雅也)。野毛の街で2軒の酒場を営む冬樹は、絵を描き、酒を呑み、自らの経営する店を巡回するのが日常だった。

そんな平凡な毎日を揺るがす事件が起こる。一方、10年以上、純愛を貫く女性の余命を知ってしまう冬樹。冬樹の周囲がひときわ騒めきだし、平凡な日常が大きく崩れ始めていく――。

『影に抱かれて眠れ』(c)BUGSY
本作は、意に反して起こることの“全てを受け入れる”男の物語。冬樹が背負うものが影となり、大人の男の哀愁となって静かに匂い立つ。映像化が難しいとされた北方ワールドを、スタイリッシュな映像で果敢に攻めた、近年には珍しいハードボイルドの真髄ともいえる作品に仕上がっている。

影に生きる孤高のダークヒーロー『影踏み』(11月15日公開)


『影踏み』(C)2019 「影踏み」製作委員会
世間のルールを外れて生きてきた真壁修一(山崎まさよし)は、深夜に寝静まった民家を狙い、現金を盗み出す忍び込みのプロ“ノビ師”。その中でも真壁は一線を画す腕前の持ち主で、証拠も残さず決して口を割らない、その高く強固な壁を思わすしたたかさから、警察からは「ノビカベ」の異名で呼ばれていた。ある夜、偶然忍び込んだ県議会職員の寝室で、就寝中の夫に火を放とうとする妻・葉子を目撃、咄嗟の行動で犯行を止めに入るが現場に現れた刑事に現行犯逮捕されてしまう。

2年後、刑期を終えて出所した修一は己の身に放火殺人未遂事件の罪を背負わされた真相と、あの時、夫を殺害しようとしていた葉子の足取りをつかむべく、探偵さながらの行動を開始。ただ、修一の脳裏には、もう1つの放火殺人事件の残像がよみがえっていた。それは20年前に真壁一家に起きた消し去ることのできない悲しい出来事。1つの放火殺人未遂をきっかけに、修一の奥底に閉ざされた闇と封印してきた事件が呼び覚まされていく。

『影踏み』(C)2019 「影踏み」製作委員会
張り巡らされた事件の伏線が1つ1つ紐解かれていくにつれ、 “影”に捕らわれ、“影”を背負ってきた男の運命の歯車が再び動き出す。地面スレスレを生きてきた“孤高のアウトロー”がたどり着くのは、秘められた真実か、それとも傷ついた魂の終着駅か? 映画ならではの大胆な要素を加えた一級のヒューマン・エンターテインメントに、期待が高まる。

『SHADOW/影武者』は9月6日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加