『キングスマン』最新作、アクション満載予告編公開

レイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソンらが出演する『キングスマン:ファースト・エージェント』の予告編が到着した。

映画 洋画ニュース
『キングスマン:ファースト・エージェント』(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
『キングスマン:ファースト・エージェント』(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation 全 2 枚
拡大写真
レイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソンらが出演し、“キングスマン”誕生の秘話が明かされるという『キングスマン:ファースト・エージェント』から、本シリーズらしい過激でスタリッシュな物語を予感させる予告編が到着した。

>>『キングスマン:ファースト・エージェント』あらすじ&キャストはこちらから

表向きは高級紳士服テーラー、裏の顔は世界最強の超過激スパイ組織“キングスマン”――。タロン・エジャトン&コリン・ファース演じるスパイ組織の活躍を描いたシリーズ1作目の『キングスマン』は、全世界興行収入455億円を記録し、続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』は452億円と世界的大ヒットとなった『キングスマン』シリーズ(1ドル=110円換算)。

今回到着したシリーズ最新作の予告編では、一面の焼け野原、暗闇の中で暗躍するガスマスク集団のバトルから始まり、公開に期待高まるアクションシーンがふんだんに詰め込まれている。

また、大量の金塊が眠る巨大な倉庫の登場や、豪邸に飛行機で降り立つオックスフォード公から「戦争を止める方法があるかね?」と聞かれたコンラッドとの意味深な会話を交わすシーンも。そして、シリーズお馴染みの高級紳士服テーラーの前に降り立ったコンラッドが、本棚の隠し扉から現れる秘密の部屋で女性(ジェマ・アータートン)から「ようこそキングスマンへ」と歓迎を受ける、“キングスマン”誕生の瞬間が描かれている。


さらに、10月3日(現地時間)に開催されたニューヨーク・コミコンに登壇したマシュー・ヴォーン監督、レイフ、ハリスからコメントも到着。

『キングスマン:ファースト・エージェント』(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
「自分が見て育ったような映画を撮りたかった」と語るヴォーン監督は、「『王になろうとした男』、『アラビアのロレンス』、『ドクトル・ジバゴ』のような壮大な大作映画だ。退屈ではなくて、しっかりとした品格がある。キングスマンが誕生した時代を描く愉快で壮大なアドベンチャー映画を世界が求めていると思ったんだ」と思いを明かす。

オックスフォード公役のレイフは「マシュー監督はエモーショナルな関係、哀愁、アクション、そしてユーモアを絶妙に組み合わせている。ドラマチックでシリアスな悲劇的な部分と、軽くて皮肉的な部分があって、挑戦的で、とてもおもしろいよ。オックスフォード公は、すごい旅をする。家族の不幸によって傷付き、平和主義者になったんだ。そんな中、戦争が起きるが、彼は自分の息子を戦場に送りたくないと葛藤するんだ」と期待高まるコメントを残す。

さらに「レイフ・ファインズと共演できたことをマシューに感謝しています。『キングスマン』シリーズはずっと見ていたので、この世界の中に入れたことはとても興奮したよ」と本作への参加を喜んだコンラッド役のハリスは、「コンラッドは17歳くらいで、上流階級の家庭で育ったんだ。彼は自分が束縛されていると感じていて、多くの若者が戦場に行くことで勇気を証明する時代に、自分が戦争に行けないことで戸惑っているんだ」と自身の役柄について説明している。

『キングスマン:ファースト・エージェント』は2020年2月14日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/