「glee」の元グリー部顧問、リリアン・アドラー役女優が死去 享年78

「glee/グリー」、「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」、「グレイズ・アナトミー」などに出演したジェーン・ギャロウェイ・ハイツが、心臓病により亡くなった。

最新ニュース ゴシップ
「glee/グリー」 (C) Getty Images
「glee/グリー」 (C) Getty Images 全 1 枚
/
拡大写真
「glee/グリー」、「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」、「グレイズ・アナトミー」などに出演したジェーン・ギャロウェイ・ハイツが、心臓病により亡くなった。享年78。「glee」には、第1話と最終話にグリー部が初めて優勝した際の顧問リリアン・アドラー役として出演した。

女優としても活躍したジェーンだが、シカゴでは影響力のあるキャスティング・ディレクターとして有名だったという。自身のキャスティング・エージェンシーを立ち上げ、数々の俳優を輩出。「モダン・ファミリー」でキャメロン・タッカーを演じたエリック・ストーンストリートもそのひとりで、「ジェーンはシカゴでオーディションに呼んでくれた初めてのキャスティング・ディレクター。良い友人であり、師だった…。ぼくのキャリアにおいて、ジェーンは主役だったっていうことをいつもわかってもらえるように心がけていた。彼女はぼくのキャリアを軌道に乗せてくれたんだ。もう一度、感謝を伝えられたらなぁ」とツイート。エリックのほか、スティーヴ・カレル、スティーヴン・コルベアもジェーンが見出したとのこと。

「Chicago Sun-Times」紙によると、ジェーンは64歳のときに、女優としてのキャリアにフォーカスするため、シカゴからカリフォルニアに移住。これまでジェーンにお世話になった俳優たちは、ジェーンを家に招いたり、感謝祭のディナーをともにするなどして温かく迎えたそうだ。

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]