【インタビュー】のん、“リミッター”を意識しても譲れないこだわりとは?

「やりたいことはとことんやる!」というポリシーのもと表現活動に突き進む“のん”。女優・ライブ・アート・映画監督……とジャンルは問わない。

最新ニュース インタビュー
のん『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』/photo:Madoka Shibazaki
のん『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』/photo:Madoka Shibazaki 全 22 枚 拡大写真
「やりたいことはとことんやる!」というポリシーのもと表現活動に突き進む“のん”。女優・ライブ・アート・映画監督……とジャンルは問わない。2016年公開された劇場版アニメ『この世界の片隅に』で演じたヒロイン・すずさんの声の演技も、彼女にとっては「大切なものをたくさん与えてくれた」と強く印象に残る出会いだったという。そんな思い出深い作品が“さらにいくつもの”気づきをのんさんに与えてくれたようだ。


やりたいことに力を注げない…
焦りを感じる主人公に共感できます


2016年11月、全国63館で公開された『この世界の片隅に』は、製作陣の真摯な原作への向き合い方、作品の持つメッセージ性、のんさんら声優たちの魂を込めた思いが相まって大きな反響を呼んだ。そして2019年12月、前作から250カットを超える新エピソードが追加され『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』として生まれ変わった。第32回東京国際映画祭では、特別招待作品としてレッドカーペットを闊歩した。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』  (C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
「まさか東京国際映画祭に呼ばれるとは思っていなかったので…」とのんさんは一報を聞いたとき驚いたというが、片渕須直監督が「映画祭で選んでいただけたということは、新作として扱ってもらえたということなんだ」とコメントしていたのを聞き、大きな喜びとと共に「この映画が多くのお客さんにメチャクチャ愛されているんだな」と強く実感したという。

新たに追加されたシーンを演じることで、のんさんは前作時には気づけなかったすずさんの思いを感じた。「すずさんがここまで“自分の居場所がないんだ”ということに危機感を抱いていたとは思わなかったんです。すずさんは絵を描くことが好きですが、慣れない奥さんとしての仕事に追われ、日常的に描いていた絵を描く時間はなくなる。だからリンさんに求められたのが心の救いになるのはとても共感できました」。

のん『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』/photo:Madoka Sibasaki
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《text:Masakazu Isobe/photo:Madoka Shibazaki》

特集

この記事の写真

/
友だち追加