仲野太賀&若葉竜也、石井裕也監督最新作で共演「忖度や制約ゼロ」

『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』などの作品を手掛けた、石井裕也監督の最新作『生きちゃった』が公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルと監督・キャストコメントが解禁となった。

映画 邦画ニュース
『生きちゃった』
『生きちゃった』 全 4 枚
拡大写真
『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』などの作品を手掛けた、石井裕也監督の最新作『生きちゃった』が公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルと監督・キャストコメントが解禁となった。

■ストーリー


山田厚久と武田は幼なじみ。厚久は結婚しており、5歳の娘がいる。平凡だがそれなりの生活。だがある日、厚久が会社を早退して家に帰ると、妻が見知らぬ男と情事に耽っていた。あまりにも急なことで、厚久は怒ることもできなければ悲しむこともできない。感情に蓋をすることしかできなかった。その日を境に厚久と妻、武田の関係は歪んでいき、物語は予期せぬ展開へと向かっていく…。

■石井裕也監督最新作に仲野太賀&若葉竜也が共演


主演を務めるのは、映画、舞台、ドラマなどの出演オファーが相次ぎ、数多の映画監督から愛され、インディペンデント映画から大作映画にまで幅広く出演し、『町田くんの世界』に続いての石井組となる仲野太賀

仲野太賀「タロウのバカ」の公開記念舞台挨拶
共演に、『パンク侍、斬られて候』や『愛がなんだ』などに出演し、唯一無二の存在感と比類なき演技力を持つ若葉竜也。2人は2017年の『南瓜とマヨネーズ』以来の共演となる。

若葉竜也
監督を務めたのは、商業映画デビュー作の『川の底からこんにちは』で第53回ブルーリボン賞の監督賞を史上最年少で受賞したことを皮切りに、『舟を編む』『バンクーバーの朝日』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』といった作品を手掛け、国内外の数々の映画賞を受賞してきた石井裕也監督。

石井裕也(監督)/『バンクーバーの朝日』ティーチイン試写会 in 武蔵野美術大学
石井監督は、2019年6月に上海国際映画祭にて発表されたプロジェクト「B2B(Back to Basics)A Love Supreme(原点回帰。至上の愛)」に参加表明。これは、香港国際映画祭(HKIFFS)と中国のHeaven Picturesが共同出資し、各映画製作者に同じ予算が割り当てられ、「映画製作の原点回帰」を探求するというコンセプトのもと、アジアの名だたる監督たちが各々映画製作を行う、これまでになかった斬新かつ先鋭的な映画を生み出すためのもので、本作は石井監督のオリジナル脚本により製作された。

今回解禁されたビジュアルには、上段に仲野さん、下段に若葉さんの姿が。車中で向かい合い、若葉さんが両手で仲野さんの顔を包むような格好で涙ぐむ2人の表情から、その関係性に想像が掻き立てられるビジュアルに仕上がっている。

『生きちゃった』
なお、本作は日本のほか、「All the Things We Never Said」という英語タイトルで、中国および香港、台湾、マカオなど、世界各国の劇場でも公開される。

■映画公開決定コメント


石井裕也監督


忖度や制約ゼロ、完全なる自由の中で映画を作ったらどうなるのか? 強度の高い傑作になるのか、はたまた独りよがりの映画になるのか。大いに興味が湧き、このプロジェクトを引き受けました。
「作りたい」という衝動と熱が何より大切だと思ったので、脚本は3日間で一気に書いて、信頼している仲間を急いで集めて、やると決めてから2ヶ月でクランクインしました。まるで自主制作映画のように夢中になって撮影しました。おカネも時間もなかったですが、とにかくみんなでフルパワーを出し合って捨て身でこの映画を作りました。出来上がったのは、俳優たちの凄まじい本気と魂が感じられる剥き出しの映画です。

仲野太賀(山田厚久役)


本当のことが言いづらいこの世界で、懸命に生きる父親を演じました。愛について真っ向から挑んだ、人間回帰の物語です。
若葉竜也さん、そして尊敬する石井裕也監督と共に、胸が張り裂けるような日々を過ごして作った今作が、きっと誰かを勇気づけると信じています。僕自身にとって、生涯大切にしたい映画になりました。

若葉竜也(武田役)


オファーをもらい、台本を開いた時、石井裕也監督からの「果たし状」をもらったような気分でした。「死ぬ気で来てよ。」って。
「生きちゃった」の台本にはそれだけの気迫があったし、役者の端くれとして「やらない」という選択肢はなかった。
毎日、全シーン、全カット、心血込めてやりました。
そしたら、、すごいラストシーン、撮れちゃった。

『生きちゃった』は2020年全国にて公開予定。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加