【USJ】任天堂エリア、いよいよキックオフ!新技術・新映像も一部公開

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは14日(火)、任天堂の人気キャラクターやゲームの世界観を多重構造で再現した一大複合エリア「SUPER NINTENDO WORLD」キックオフ・プレゼンテーションをパークで開催した。

最新ニュース レポート
協力:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
協力:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 全 5 枚 拡大写真
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは14日(火)、任天堂の人気キャラクターやゲームの世界観を多重構造で再現した一大複合エリア「SUPER NINTENDO WORLD」キックオフ・プレゼンテーションをパークで開催。新採用の新技術や新映像、一部体験などを、メディアに披露・説明した。

この「SUPER NINTENDO WORLD」は、「Nintendo」という日本が誇るエンターテイメント・ブランドの魅力を日本国内のみならず、世界へ発信していくもの。同エリアには、世界中のファンが待ち焦がれる「マリオカート」のライド・アトラクションやショップ、レストランも登場する。既存テーマエリアとの類似性が薄く、かつてない体験を提供するという。


合同会社ユー・エス・ジェイ 社長 CEOのJ.L.ボニエ氏は、「今年は『SUPER NINTENDO WORLD』イヤーです。その世界初お披露目の場所が日本であることを発表してから3年が経ちました。いよいよオープンです。日本でオープン後、アメリカの2パークでオープンした後、シンガポールでのオープンも決定しました」と、グローバル戦略について説明。

また、ユニバーサル・クリエイティブ 副社長 チーフ・クリエイティブ・オフィサー ティエリー・クー氏は、「SUPER NINTENDO WORLD」に導入するユニバーサル・スタジオが開発した新技術について、「遊びのレベルを変えます」と熱弁。プレゼンによると、ゲストは現実世界にいながら 、まるでマリオのように全身を駆使して躍動できるアクティビティーを体験できる新技術となり、自分のスマートフォンにUSJのアプリをダウンロードした後、エリア内で購入できるバンドを連動させることで全身で味わう体験が楽しめるという。マリオがゲームのなかで集めているコインをゲストひとりひとりが獲得することが可能で、その集めたコインでランキングを競うなど、全身を使う新体験を実現。まったく新しい最先端テクノロジーになるという。また、ハテナブロックの一部体験も実施していた。

開業時期は、2020年、東京五輪前のオープンを目指す「SUPER NINTENDO WORLD」。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのさらなる集客拡大の起爆剤となるエリアとして世界中が注目していると言えそうだ。

協力:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
(C) Nintendo
TM & (C) Universal Studios. All rights reserved.

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加