アナ・デ・アルマス、傑作ミステリー『ナイブズ・アウト』は「人によって感想は違うはず」

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』で事件のカギを握る看護師を演じ、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたアナ・デ・アルマスのインタビュー映像をシネマカフェが独占入手。

映画 洋画ニュース
『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』Photo Credit: Claire Folger
『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』Photo Credit: Claire Folger 全 8 枚 拡大写真
第92回アカデミー賞にてライアン・ジョンソン監督が脚本賞に初ノミネートされた『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』。この度、事件のカギを握る看護師を演じ、ゴールデン・グローブ賞ノミネートを果たした今旬女優、アナ・デ・アルマスのインタビュー映像をシネマカフェが独占入手した。

>>『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』あらすじ&キャストはこちらから

NYの豪邸で世界的ミステリー作家ハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた翌朝、遺体で発見される。匿名の人物からの調査依頼を受けた名探偵ブノワ・ブランは、パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら、屋敷にいた全員を殺人の第一容疑者として捜査を開始。やがて、家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく。

今回、ハーランと友人関係を築き、家族よりも彼に最も近い存在となっていた看護師マルタ役を演じたアナ・デ・アルマスのインタビュー映像が到着。SF大作『ブレードランナー 2049』('17)でブレイクし、最新作には同じくGG賞初ノミネートのダニエル・クレイグと2度目の共演となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、マリリン・モンローを演じるNetflixオリジナル映画『Blonde』(原題)も控えている、いま最も旬な女優のひとりだ。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』 Motion Picture Artwork (C) 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
最初、本作出演の話を受けたときは、不安があったというアナ。「彼女は家族ではないのに、一家の事件にずっと関わっていくからよ。それに、世間知らずでうぶな印象だった。何て言うか、未熟で覚悟も足りてないから物事への反応や状況の把握が遅い」と、マルタが部外者であることや、その性格に不安を感じていたとふり返る。しかし、その心配は杞憂に終わった。「監督と対話を重ねて脚本を読み込むうちに気づいた。彼女は未熟じゃないし、反応も遅くない。実際に持ち合わせているのは、とてつもない強さと自制心よ」と、次第にマルタが意志の強い女性であることに気づいたという。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』Motion Picture Artwork (C) 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
また、ハーランを演じたクリストファー・プラマーや名探偵ブランを演じたダニエル・クレイグなど、豪華キャストとの共演はとても嬉しかったとアナ。「彼らとの共演は夢だった。全員と共演シーンがあったの。すごく興奮したし、刺激を受けて楽しかった」と微笑む。撮影において最も大変だったことは、「この映画の中には、とても攻撃的で深刻で見てて落ち着かない場面がある。でも監督が素晴らしいから、すべてを勢いで演じさせ成立させてしまう。みんなの口から出る言葉は、頭が変になるほどの暴言なのにね」と、キャラクターたちが暴言を吐くシーンなどもひっくるめて、一級のエンターテインメント作品に仕上げたジョンソン監督の手腕を絶賛。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』Photo Credit: Claire Folger
さらに、「私たちキャストは長いこと共にいた。キッチンや地下室、控室などでね。料理を一緒にしたこともあるし、冗談を言ったり雑談したりね。本当に楽しくて仕方なかった」と、“劇中とは真逆”の家族のような関係になったキャストたちが心の支えだったともふり返っている。

最後に、見どころについては「映画はたぶん 観客にとって、鏡のようなものじゃないかしら。だから人によって感想は違うはずよ?」と気になるコメント。実際に劇場に足を運んで、見どころを見つけてほしいと結んでいる。


『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は1月31日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加