ウェス・アンダーソン最新作、全米公開日が7月24日に決定 ティモシーら豪華キャスト出演

ウェス・アンダーソン監督最新作『The French Dispatch』の全米公開日が決定した。

最新ニュース ゴシップ
ティモシー・シャラメ&レア・セドゥ&ウィレム・デフォー&ティルダ・スウィントン (C) Getty Images
ティモシー・シャラメ&レア・セドゥ&ウィレム・デフォー&ティルダ・スウィントン (C) Getty Images 全 11 枚
拡大写真
ウェス・アンダーソン監督最新作『The French Dispatch』の全米公開日が決定した。配給のサーチライト・ピクチャーズの発表によると、今年の7月24日だという。同日公開の映画は、ほかにドウェイン・ジョンソンとエミリー・ブラントが主演するディズニーの『Jungle Cruise』(原題)がある。

今作の正式タイトルが『The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun』(原題)であることも明らかになった。20世紀のフランスの架空都市にある、アメリカの新聞社の支局で働くジャーナリストたちの物語が描かれる。

今月中旬、IMDbが上映時間を「4時間1分」で、1部が「1時間57分」で2部が「2時間4分」という情報を掲載し、話題となったがこれは誤りで、現在は「108分」に訂正されている。

豪華キャストが出演することでも注目されている今作。ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメ、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、ウィレム・デフォーらと錚々たるメンバーが集結している。キャストのほとんどは、アンダーソン監督の過去の作品にも登場した常連メンバーだが、ベニチオとティモシーが参加するのは初。

《Hiromi Kaku》

特集

この記事の写真

/
友だち追加