オークワフィナ、大好きな祖母に伝える“嘘”『フェアウェル』日本版予告

オークワフィナがアジア系女優初となる第77回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞した『フェアウェル』から、日本版予告が解禁。

映画 洋画ニュース
『フェアウェル』 (C)2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『フェアウェル』 (C)2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 全 3 枚
拡大写真
オークワフィナが先日行われた第77回ゴールデン・グローブ賞にてアジア系女優初となる主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した『フェアウェル』。この度、愛する祖母のための家族の選択が感動を呼ぶ本作から、日本版予告が解禁となった。

>>『フェアウェル』あらすじ&キャストはこちらから

アメリカに住む本作の主人公ビリー(オークワフィナ)に突然知らされたのは、中国に住む大好きな祖母“ナイナイ”の余命宣告だった。余命わずかなナイナイのもとを訪れるため、いとこの結婚式と嘘をつく家族。久しぶりに集まり、ともに食卓を囲む家族だが、「ずっと会いたかった」と優しく声をかけるナイナイとは裏腹に、真実を知っている家族は必死に悲しみを隠そうとする――。

『フェアウェル』 (C) 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
今回解禁される予告編でも、アメリカ育ちのビリーが中国では“余命宣告をしない”という文化に戸惑う姿が収められている。特に、涙を浮かべながら「これは正しいのか?って、いつも悩んでる」と、大好きなナイナイに嘘をつくことに対して葛藤するシーンは心が揺さぶられる。


さらに、新たに到着したポスタービジュアルでは、真ん中に笑顔で座るおばあちゃん・ナイナイに、それぞれが不安な表情で目を向ける家族の姿が。ナイナイのことが大好きなビリーを演じるオークワフィナのふてくされた表情にも注目。ナイナイに宣告された余命を隠す家族と、それを伝えてしっかりとお別れを言いたいビリー。両者の葛藤が伝わってくるビジュアルとなっている。

『フェアウェル』 (C) 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『フェアウェル』は4月10日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加