松たか子、日本人初!米アカデミー賞でイディナ・メンゼルらと歌唱決定

『アナと雪の女王2』の松たか子が第92回アカデミー賞授賞式にて世界各国の“エルサ”と歌唱パフォーマンスに参加。日本人としては初めて同授賞式のステージで歌唱する

映画 洋画ニュース
『アナと雪の女王2』 (C)2019 Disney. All Rights Reserved.
『アナと雪の女王2』 (C)2019 Disney. All Rights Reserved. 全 3 枚 拡大写真
日本時間2月10日に迫った第92回アカデミー賞授賞式で、松たか子が『アナと雪の女王2』の世界各国の“エルサ”と歌唱パフォーマンスに参加することが決定。日本人としては初めて同授賞式のステージで歌唱する。

>>『アナと雪の女王2』あらすじ&キャストはこちらから

世界各国のエルサ役と「イントゥ・ジ・アンノウン」を歌唱!


先にエルサ役イディナ・メンゼルがパフォーマンスをすることが発表されていたが、なんと今回、世界9か国のエルサ役がイディナと共に歌唱することに。日本からも高いパフォーマンス力が評価され、US本社直々のオファーで松さんが参加することが決まった。日本人がアカデミー賞の授賞式で歌唱することは初めてのこと。

アカデミー賞授賞式で歌唱することに、松さんは「この度は、大変光栄な役目をいただき、感謝しております。各国のエルサ達に会える、というのは大きな喜びであり、自分以外のエルサに出会う、というのも滅多にない機会だと思います。御覧になる方々にとって楽しいひとときになるとよいなと思っています」とコメントを寄せた。

メイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン」を手掛けたのは、前作で第86回アカデミー賞歌曲賞を受賞したロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻。この「イントゥ・ジ・アンノウン」は、前作で“ありのまま”の自分を受け入れたエルサが、彼女だけにしか聞こえない“不思議な歌声”をきっかけに、再び自身の“力”と向き合い、迷いを感じながらもまだ見ぬ“未知なる世界へ”と踏み出そうとする彼女の想いが溢れた曲。

アカデミー賞という映画界最高峰の式典で、イディナや松さんはじめ世界各国のエルサたちがどんなパフォーマンスをするのか期待が高まる。

『アナと雪の女王2』は全国にて公開中。

「生中継!第92回アカデミー賞授賞式」は2月10日(月)8時30分~二/同時通訳、21時~字幕版をWOWOWプライムにて放送。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加