ホラー大好きっ子や異形を愛した女性…デル・トロ作品のヒロインたちに注目

ギレルモ・デル・トロの作品には、数々のクリーチャーと共に、それぞれ個性的なヒロインも登場してきた。様々な想いを抱え、自らの選択で運命を切り拓いていく彼女たちに注目。

映画 洋画ニュース
『スケアリーストーリーズ 怖い本』(C)2020 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
『スケアリーストーリーズ 怖い本』(C)2020 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED. 全 9 枚
拡大写真
幼少期からホラーやモンスターをこよなく愛し、アニメや漫画など日本のカルチャーにも影響を受けてきたギレルモ・デル・トロ。人間の女性と異形の生き物との愛を描いた『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞を獲得した彼が、ストーリー原案・製作を手掛けたのが『スケアリーストーリーズ 怖い本』だ。

デル・トロが生み出してきた作品には、数々のクリーチャーと共に、それぞれ個性的なヒロインも登場してきた。様々な想いを抱え、自らの選択で運命を切り拓いていく彼女たち! 知れば知るほど勇気や希望をもらえるような、魅力あふれるデル・トロ作品のヒロインたちに注目した。

仲間思いな作家を夢見るメガネっ子!デル・トロ作品史上“友達にしたい”NO.1ヒロイン


ヒロイン/ステラ(ゾーイ・コレッティ)

『スケアリーストーリーズ 怖い本』(C)2020 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
『スケアリーストーリーズ 怖い本』のニューヒロイン・ステラは、アメリカの小さな町・ミルバレーに住むオカルト・ホラー大好きなメガネっ子。部屋の中には関連するフィギュアや映画のポスターなどが所狭しと並べられており、まるでデル・トロの女の子版とも言えるようなキャラクター。

そんな彼女が夢見るのは、なんとホラー作家。他人にはなかなか理解してもらえないその夢と、引っ込み思案な性格から、どこか社会に馴染めず、常に近くにいるのは仲良しのチャックとオギーのみ。

『スケアリーストーリーズ 怖い本』(C)2020 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
しかし、仲間のためなら果敢な行動をとれるのが彼女の魅力のひとつ。3人で街の不良トミーに追いかけられると、近くにいた車のドライバーに助けを求めたり、偶然手にしてしまった1冊の本が仲間たちを脅かしていることが分かると、その本の秘密を追い求める、勇気ある一面を見せる。普段は物静かだが、仲間思いで優しい心を持ったステラは、デル・トロ作品史上“友達にしたい”NO.1ヒロインだ。

>>『スケアリーストーリーズ 怖い本』あらすじ&キャストはこちらから

厳しい現実の中で夢を見る本好きな少女!デル・トロ作品史上“逆境に負けない”NO.1ヒロイン


ヒロイン/オフェリア(イバナ・バケロ)

『パンズ・ラビリンス』(C)2006 ESTUDIOS PICASSO, TEQUILA GANG Y ESPERANTO FILMOJ
デル・トロ作品史上“逆境に負けない”NO.1ヒロインといえるのが、『パンズ・ラビリンス』の読書好きな12歳のオフェリア。自分に関心がない義父と彼に追従する母との暮らしに孤独感を抱き、“おとぎ話”の世界に逃避する日々を送る。

亡き父譲りの優しい性格で、自らの価値基準で冷静な判断をくだすことができるのが彼女の魅力。悲劇に見舞われ続け、気持ちがズタズタになっても究極の選択に彼女なりの答えを見つけ出す。厳しい現実の中で葛藤しながら自ら進むべき道を探し出す姿勢に、勇気づけられるだろう!

>>『パンズ・ラビリンス』あらすじ&キャストはこちらから

“彼”のためなら大胆に!デル・トロ作品史上“愛情深い” NO.1ヒロイン


ヒロイン/イライザ(サリー・ホーキンス)

『シェイプ・オブ・ウォーター』 (C)2017 Twentieth Century Fox
幼少期のトラウマから声が出せなくなった『シェイプ・オブ・ウォーター』のイライザ(サリー・ホーキンス)。ある日、半魚人のような不思議な生き物と出会う。“彼”と仲良くなるため、レコードを一緒に聞いたり、好物のゆで卵を一緒に食べたり、2人は距離を縮めていく。好きな人にだけ見せる特別な笑顔やチャーミングな表情、さらに愛を紡ぎ幸せに浸るイライザ。

『シェイプ・オブ・ウォーター』 (C)2017 Twentieth Century Fox
そんな“彼”に危険が迫ることが分かったとき、誰もが驚くほどのアイディアで大胆な行動力を発揮する。恋するイライザはとにかくキュート! 愛する“彼”のためなら危険を顧みずに行動する彼女は、デル・トロ作品史上最も“愛情深い”ヒロインだ。

>>『シェイプ・オブ・ウォーター』あらすじ&キャストはこちらから

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/