想い合う故にすれ違う…アジア中が涙した『悲しみより、もっと悲しい物語』予告

2009年に韓国で大ヒットした映画を台湾に舞台を移しリメイクした、心震える珠玉のラブストーリー『悲しみより、もっと悲しい物語』から、予告編と場面写真が解禁となった。

韓流・華流 スクープ
『悲しみより、もっと悲しい物語』
『悲しみより、もっと悲しい物語』 全 8 枚
拡大写真
2009年に韓国で大ヒットした映画を台湾に舞台を移しリメイクした、心震える珠玉のラブストーリー『悲しみより、もっと悲しい物語』から、予告編と場面写真が解禁となった。

>>『悲しみより、もっと悲しい物語』あらすじ&キャストはこちら

本作は、感情描写に定評があり、“癒やし系監督”と呼ばれるギャビン・リン監督の演出によって、Kとクリームの学生時代はキラキラとして青春のきらめきに溢れた映像で描き、密かに想い合う2人の日々は明るい光が差し込むロマンティックな感情に満ちたシーンに仕上げている。

今回解禁された予告編では、純粋で無邪気な高校生活を送るKとクリームの出会いから、大人になっても一緒に生活し続ける2人の心境の変化やお互いにかけがえのないパートナーになっていく様子、互いの幸せを願うゆえにすれ違う男女の悲しみが優しい光に満ちた映像で紡がれる。


自分の寿命が僅かだと知り、クリームに「いい男を見つけて結婚してほしい」と話すKだったが、彼女から「いい人に出会った。歯医者さんよ」と告げられると複雑な表情を浮かべる場面も。

Kを演じたリウ・イーハオは、「彼は余命が長くないことを知っていて、自分など取るに足らない、すぐに忘れ去られてしまう存在だと思ってしまっている、孤独で寂しさを抱えた人間。脚本を読んだ当初は泣いてセリフを忘れてしまったんです」と役柄の悲しみを体現しながら撮影に挑んだことを明かしている。


台湾で“最も萌える彼氏”と称されるイーハオのひたむきな眼差しと、クリーム役のアイビー・チェンの複雑な感情を秘めながらもキュートな佇まいに、2人以上にKとクリームの幸せを願わずにはいられない予告編に仕上がっている。


予告編と同時に場面写真も解禁。切ない表情を浮かべるK、クリームそれぞれのピン写真のほか、仲睦まじく寄り添う2人の姿などが切り取られている。


『悲しみより、もっと悲しい物語』は4月3日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加