キーラ・ナイトレイ主演で実際の事件を映画化『オフィシャル・シークレット』公開

キーラ・ナイトレイ主演最新作、戦争を止めようとした1人の女性の実話を描く『オフィシャル・シークレット』(原題:OFFICIAL SECRETS)の日本公開が決定。緊張感漂うポスタービジュアルと予告編も到着した。

映画 洋画ニュース
『オフィシャル・シークレット』(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『オフィシャル・シークレット』(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 全 3 枚 拡大写真
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のキーラ・ナイトレイ主演最新作、戦争を止めようとした1人の女性の実話を描く『オフィシャル・シークレット』(原題:OFFICIAL SECRETS)の日本公開が決定。緊張感漂うポスタービジュアルと予告編も到着した。

ストーリー


2003年のイラク戦争前、英国の諜報機関GCHQ(英政府通信本部)で働くキャサリン・ガンは、ある日驚きのメールを受け取る。盗聴を要請するそのメールの内容に憤りを感じたキャサリンは、元同僚の友人を訪ね、マスコミにリークしたいと相談する。

2週間後、英国「オブザーバー」紙の記者マーティン・ブライトによってメールは記事化。GCHQではリークした犯人探しが始まる中、キャサリンは自ら名乗り出る。しかし、告発も空しくイラク侵攻は開始され、キャサリンは起訴。人権派弁護士ベン・エマーソンらが彼女を救おうと立ち上がる――。

政府 vs 告発者の真相を描くポリティカル・サスペンス


イラク戦争でアメリカの不正行為を全世界にリークした女性を描いた『オフィシャル・シークレット』。

1人の女性の告発が多くの勇気と行動を生み出したこの事件は、いまなお現代社会の警鐘となり続ける。世界中で後に“キャサリン・ガン事件”として大きな政治問題となった実話を、今作ではそれぞれの当事者の立場から描き、サスペンスタッチで心揺さぶる人間ドラマに作り上げた。

また、イラク開戦当時のブッシュ大統領やブレア首相のニュース映像もふんだんに使われており、政治家ひとりひとりの発言が人々の生命に関わる、という歴史の検証でもある映画になっている。

キーラ・ナイトレイ&レイフ・ファインズ、豪華俳優が出演


キーラ・ナイトレイ-(C)Getty Imagesキーラ・ナイトレイ
キーラが演じるのは、主人公のキャサリン・ガン。この事件当時17歳であった彼女は、キャサリン・ガンのことを知らなかったというが、“表に出すべき真実である”と、今回これまでにない役どころに挑戦した。

レイフ・ファインズ-(C)Getty Imagesレイフ・ファインズ
また、キャサリンの弁護士ベン・エマーソン役を、『ハリー・ポッター』『007』シリーズのレイフ・ファインズが演じるほか、「ドクター・フー」のマット・スミス、「ダウントン・アビー」のマシュー・グードが出演。

監督は『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』のギャヴィン・フッドが務めた。

日本版ポスタービジュアル&予告編


『オフィシャル・シークレット』(C)2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公開決定と同時に到着したポスタービジュアルには、物語を動かす主要な3人が並び、「国家の嘘を暴く」という力強い決意の言葉が記され、本作の雰囲気を表す1枚に仕上がっている。

予告編では、諜報員のキャサリンが違法なメールを受け取り、リークに踏み出すシーンから、法廷に立つまで、終始緊張感漂うシーンが映し出されていく。取り調べが続く中自ら名乗り出る場面、「機密法に背かなければ3万人が死ぬ」と訴える力強いシーンも確認することができる。


『オフィシャル・シークレット』は5月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加