食材救出人が日本を旅するドキュメンタリー『もったいないキッチン』予告

日本が大切にしてきた“もったいない”について考える珠玉のドキュメンタリー映画『もったいないキッチン』より、予告編とポスタービジュアルが到着した。

映画 邦画ニュース
『もったいないキッチン』ポスター
『もったいないキッチン』ポスター 全 5 枚
拡大写真
日本が大切にしてきた“もったいない”について考える珠玉のドキュメンタリー映画『もったいないキッチン』より、予告編とポスタービジュアルが到着した。

>>『もったいないキッチン』あらすじ&キャストはこちらから

前作『0円キッチン』(’15)でヨーロッパ5か国をキッチンカーで巡り、捨てられる食材を美味しい料理に変身させてきたダーヴィド・グロス監督が、今回は舞台を日本に移し、福島から鹿児島までを旅して、次々食材を救済するドキュメンタリー映画を製作。

『もったいないキッチン』
今回到着した予告編では、実は日本の食品ロスは世界トップクラスで、年間643万トン(国民ひとり当たり毎日おにぎり1個分)、ひと家庭当たり年間6万円もの食べ物が捨てられている現実に直面。もったいない精神の国なのになぜ…? と、疑問が浮かぶ。


そこで、この答えを探るべく旅へ出る。キッチンカーを走らせ、料理し、ネギ坊主の付いたネギを収穫し、日本各地の食材に触れていく様子が映し出されていく。

そして予告編と同時に到着したポスタービジュアルでは、グロス監督と日本語通訳で旅のパートナー・ニキの2人が、キッチンカーの中から笑顔を向けている。

『もったいないキッチン』
『もったいないキッチン』は8月、シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか全国にて順次公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加