実写『アラジン』ディズニーデラックスに登場、4月から

実写映画『アラジン』がディズニー公式動画配信サービス「ディズニーデラックス」にて4月1日(水)より配信スタートする。

映画 洋画ニュース
『アラジン』(C)2020 Disney
『アラジン』(C)2020 Disney 全 21 枚 拡大写真
実写映画『アラジン』がディズニー公式動画配信サービス「ディズニーデラックス」にて4月1日(水)より配信スタートする。国内において定額制見放題で見られるのは「ディズニーデラックス」だけだ。

>>『アラジン』あらすじ&キャストはこちらから

ディズニー・アニメーション映画の中でも超大ヒットを記録した『アラジン』(’92)が、昨年6月、27年の時を経て完全実写化。国内でも興行収入120億円を超えを記録した本作が、今回満を持して定額制動画配信初登場。

アラジン役には世界的オーディションで大抜擢されたメナ・マスード、ジャスミン役にはシンガーとしても活躍するナオミ・スコット、そしてランプの魔人ジーニーをウィル・スミスが演じたことでも話題となった本作。新たにアレンジされた「ホール・ニュー・ワールド」やヒップホップの要素が加わった「フレンド・ライク・ミー」などの名曲、そしてジャスミンが自らの信念を歌い上げる「スピーチレス」など注目シーンがたくさんだ。

また、日本語吹き替え版では中村倫也がアラジン、木下晴香がジャスミン、そしてアニメーション版に続き山寺宏一がジーニーの声を担当。吹き替え版の上映も人気を集めた。

なお、ジーニー役をアニメーション版・実写版両方で吹き替えたのは世界で山寺さんだけ。そんなアニメーション『アラジン』をはじめ、『美女と野獣』、『シュガー・ラッシュ』シリーズ、『ムーラン』、『メリー・ポピンズ』など、山寺さんが吹き替えを担当している作品も見放題で多数配信中だ。

(C)2020 Disney
『アラジン』(実写版)は4月1日(水)よりディズニーデラックスにて配信。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加