「ロボコン」20年ぶり映画で復活『がんばれいわ!!ロボコン』7月31日公開

タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼、ちょっぴりドジなロボット「ロボコン」が映画『がんばれいわ!!ロボコン』として7月に公開されることが決定。

映画 邦画ニュース
「燃えろ!!ロボコン」(C)石森プロ・東映
「燃えろ!!ロボコン」(C)石森プロ・東映 全 3 枚 拡大写真
タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼、ちょっぴりドジなロボット「ロボコン」。「仮面ライダー」の原作者・石ノ森章太郎が生み出した伝説のロボットが20年ぶりに映画『がんばれいわ!!ロボコン』として復活、7月に公開されることが決定した。

1975年に放送がスタートした「がんばれ!!ロボコン」は、同時期に誕生した「スーパー戦隊」や「仮面ライダー」とともに瞬く間に子どもたちの共感を呼び、最高視聴率は29.2%を記録した。原作は、「仮面ライダー」「サイボーグ009」などを生み出した“マンガの王様”と称される石ノ森章太郎。

「がんばれ!!ロボコン」(C)石森プロ・東映「がんばれ!!ロボコン」(C)石森プロ・東映
1999年~2000年にかけては、香港で巻き起こった空前の「ロボコン」ブームが日本にも押し寄せ、「燃えろ!!ロボコン」が放送された。前作「がんばれ!!ロボコン」を観ていた世代が親となり、親子2世代で楽しめるコメディロボット作品として人気を博した。

「燃えろ!!ロボコン」(C)石森プロ・東映「燃えろ!!ロボコン」(C)石森プロ・東映
そしてこの度、令和に新生「ロボコン」が20年ぶりに映画になって帰ってくる! タイトルは文字通り“がんばれ”と“令和(れいわ)”をかけ、コメディ作品らしいものに。昭和、平成、令和と3つの時代を一貫したギャグセンスで駆け抜けてきた新生「ロボコン」が、新たな世代にアピールする。

スタッフには、「燃えろ!!ロボコン」以来の再タッグとなる石田秀範監督と脚本家・浦沢義雄。石田監督は「ヒデ・I」の名義で「燃えろ!!ロボコン」の監督を務め、「平成仮面ライダー」シリーズでも数多くの作品を手掛けてきたことで知られる。浦沢氏も、代表作である「不思議コメディー」シリーズを筆頭に、「スーパー戦隊」シリーズや「忍たま乱太郎」「クレヨンしんちゃん」などの子ども向けアニメ作品まで手掛ける脚本家で、2人のタッグも20年ぶり。

「がんばれいわ!!ロボコン」(C)石森プロ・東映
同じく数多くの「平成仮面ライダー」シリーズに携わってきた東映の白倉伸一郎プロデューサーからは、「お仕事ロボットの世界を描く『仮面ライダーゼロワン』は、ロボコン復活への布石にすぎなかった! 時代はまさに1・0(レイ)・0(ワ)。ロボ根性で100点満点めざします。がんばれいわ!! ロボコン! ウララ~」とのコメントが到着している。

『がんばれいわ!!ロボコン』は7月31日(金)より全国にて公開(MX4D上映あり)。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加