Amazon、新型コロナで中止になったSXSWフィルム・フェスティバルをオンラインで開催へ

今年中止になった世界最大のエンタメ・カンファレンス「SXSW」(サウス・バイ・サウスウエスト)。「Prime Video Presents the SXSW Film Festival Collection」として、オンライン・フェスティバルを開催することが決定した。

最新ニュース ゴシップ
Amazon Prime vdeo (C) Getty Images
Amazon Prime vdeo (C) Getty Images 全 1 枚 拡大写真
毎年、テキサス州オースティンで行われている世界最大のエンタメ・カンファレンス「SXSW」(サウス・バイ・サウスウエスト)。今年は3月13日から22日に開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止になってしまった。しかし、ここにきて、Amazon Primeが救いの手を伸べることに。「Prime Video Presents the SXSW Film Festival Collection」として、オンライン・フェスティバルを開催することが決定した。「SXSW」の公式サイトで発表された。

4月下旬、「SXSW」の映画祭で上映される予定だった作品が10日間限り、アメリカ国内でAmazonのアカウントを持つ顧客にストリーミング配信される。視聴できる人の条件は、無料で作れるAmazonのアカウントを持っていることだけで、プライム会員であるかどうかは問われない。フィルムメーカーたちは、作品をストリーミング配信してもらうことでAmazonから配信料を受け取ることができるという。

Amazonの重役ジェニファー・サルク氏は、「SXSWのフィルムメーカーたちに、彼らの情熱がこもった力作を観客のみなさんにお披露目する空間を提供できて、光栄に思います」とコメントしている。

「SXSW」のディレクター、ジャネット・ピアソンは、「SXSWがオースティン市によって中止になったときから、フェスで上映予定だった素晴らしい映画とフィルムメーカーたちをどう救えるかということについて考えてきました。Amazon Prime Videoがオンライン・フィルム・フェスティバルの開催をオファーしてくれ、本当にうれしかったです」と述べている。

《Hiromi Kaku》

特集

この記事の写真

/
友だち追加