韓国男子が熱い!人気の秘密を“韓国版テラハ”「HEART SIGNAL」から読み解く

いま、かつてないほど熱い関心が注がれている韓国発コンテンツ。韓流好き女子たちの声を聞いてみた。

韓流・華流 スクープ
「HEART SIGNAL3」(C)ABEMA
「HEART SIGNAL3」(C)ABEMA 全 25 枚 拡大写真
コロナ禍のいま、かつてないほど韓国カルチャーに熱い関心が注がれている。「愛の不時着」をはじめとする韓流ドラマは新参ファンと回帰してきたファンを熱狂させ、エンターテインメント性と社会性が両立した傑作映画の数々に、K-POP人気も根強い。

なぜ、これほどまでに韓国発コンテンツは私たちを魅了するのか。韓流好き女子たちの声から紐解いてみた。

いま熱い韓国コンテンツ!


「冬のソナタ」の“ヨン様”が火付け役となった第1次ブーム、「東方神起」や「少女時代」などK-POPアーティストが中心となった第2次ブームと来て、ここ数年で世界にも広がった“韓流”は第3次ブームの真っ最中。

SNSの普及もあって新たな世代を取り込み、日本国内の興行記録を塗り変えた『パラサイト 半地下の家族』に、『新感染 ファイナル・エクスプレス』や『神と共に』シリーズなどの映画はもちろん、ドラマ、音楽、文学、グルメやコスメに至るまで、その勢いは加速する一方。例えば、メンバーそれぞれの個性も人気の「BTS」や、コン・ユ、ヒョンビン、チュ・ジフンといった、紳士的な雰囲気と親しみやすさの双方を醸し出すスター俳優などがファンをときめかせている。

「BTS」 (C) Photo by Dia Dipasupil/Getty Images「BTS」 (C) Photo by Dia Dipasupil/Getty Images

コミュニケーションのヒントが?韓国版テラハ「HEART SIGNAL」に注目


クールかと思いきや実は慎重でシャイなだけだったり、包容力を見せたかと思えば無邪気な笑顔で和ませたりと、肩幅や筋肉といったモムチャン(最高の体の意味、いわゆるマッチョ)要素だけではない、ギャップや多彩な魅力を振りまく韓国男子たち。

「HEART SIGNAL3」 (C)ABEMA
その心理やコミュニケーションのとり方などは、“韓国版「テラスハウス」”と呼ばれ、絶大な人気を博している恋愛リアリティー番組「HEART SIGNAL」にもヒントが隠れていそう。たとえ意中の女性の気を引くためかもしれなくても(?)、理想のデートにとことんこだわったり、何気なく言ったお気に入りの店を覚えていてくれたりと、愛情表現がより繊細でロマンチックな行動を好むのは男性陣のほう。

「HEART SIGNAL3」 (C)ABEMA
押し気味にアプローチしていた男子が逆に押しに弱く、一歩引いて周りを見ていた男子が本来の自分を少しずつ見せていく様子など、日に日に“構え”が取れていくところや、敬語からタメ口(タメ語)に変わる瞬間も距離が一気に縮まったようでキュンとくる。




「愛情表現が上手」韓流好き女子に実際に聞いた韓国男子の魅力


そこで、「HEART SIGNAL」を独占配信中のABEMAでは韓流を愛する女性たちにアンケートを実施。すると、韓国男子は「愛情表現が上手」「愛情表現がストレート」といった声が多くを占め、「連絡がマメ」「記念日を大切にする」「サプライズやプレゼントが日常」「積極的に『好き』『愛してる』など言葉で愛情表現」と想いを率直に、しかも頻繁に伝えてくれる点が魅力だという。「優しくて、レディーファースト」「エスコートがうまい」ところが好き、という声も数多く寄せられている。

「HEART SIGNAL3」 (C)ABEMA
実際に韓国男子と交際経験のある女性からは、「記念日のお祝いが素晴らしすぎる」「一緒にいれる時間を確保する努力をしてくれた」「車道側を歩いていたら、サッと変わってくれた」「『心配かけてごめんね』と言ったら、『もっとかけても良いよ』って」「〇〇の名前ずっと忘れないよってサラッと言う」などなど胸キュンエピソードが続々。「愛嬌が可愛い」「電話に出れなかったりしたら拗ねる」という意外な一面に惹かれる人も。

「HEART SIGNAL3」 (C)ABEMA
とにかく“女性目線”で、誰の目にもはっきりと分かる行動で示してくれる、そんなド直球な愛情表現が彼らの魅力。日本の一歩先行くフェミニズムの伝播にも裏打ちされているのかもしれない。

《text:cinemacafe.net》

SPECIAL

特集

この記事の写真

/
友だち追加