世界的ベストセラーのドラマ化「アレックス・ライダー」日本のローンチパートナーはU-NEXTに

世界80か国以上で展開するTVドラマシリーズ「アレックス・ライダー」(原題)の日本のローンチパートナーが「U-NEXT」に決定した。

海外ドラマ スクープ
「アレックス・ライダー」(原題)(C) 2020 Sony Pictures Entertainment. All Rights Reserved.
「アレックス・ライダー」(原題)(C) 2020 Sony Pictures Entertainment. All Rights Reserved. 全 1 枚 拡大写真
世界80か国以上で展開するTVドラマシリーズ「アレックス・ライダー」(原題)の日本のローンチパートナーが「U-NEXT」に決定した。

本作は、アンソニー・ホロヴィッツの同名小説シリーズの2作目「ポイントブランク」の映像化。少年スパイの活躍と成長を描いた物語は、35か国で翻訳され、世界で2,000万部以上を売り上げ世界的ベストセラーに。日本では日本語訳版のイラストを「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦が手掛けたことでも話題に。

今回の映像化は、従来のメディア主導による制作方式ではなく、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)初の単独制作となるTVドラマシリーズ。各国のローンチパートナーと組み、全世界で一斉展開される大規模プロジェクトだ。

そして今夏より、SPEによって厳選された世界80か国以上のローンチパートナーのもとで放送・配信されることが決定。イギリス(Amazon Prime)、ロシア(Kinopoisk)、韓国(KT)、アメリカ(近日発表)などに並び、日本では「U-NEXT」が日本初・独占配信決定。

「名探偵ポワロ」など王道ミステリードラマの脚本も手掛け、原作者でもあるアンソニー・ホロヴィッツが製作総指揮、エミー賞を受賞したアンドレアス・プロハスカが監督を、英国アカデミー賞受賞のガイ・バートが脚本を担当する本作。オット・ファラント、ブレノック・オコナー、ロンケ・アデコルージョらがキャスティングされている。

「アレックス・ライダー」(原題)は夏、U-NEXTにて配信予定(見放題 日本初上陸・独占配信/全8話)。

《cinemacafe.net》

SPECIAL

特集

この記事の写真

/
友だち追加