もし週末をABEMAで過ごすなら…?編集部おすすめの“妄想タイムテーブル”

ABEMAで一日過ごす! シネマカフェ編集部3名のおすすめの作品と一緒に、“妄想タイムテーブル”をご紹介。

最新ニュース コラム
「SEVENTEEN独占パフォーマンス!日本デビュー2周年特番~セブチのここが凄い」(C)AbemaTV,Inc.
「SEVENTEEN独占パフォーマンス!日本デビュー2周年特番~セブチのここが凄い」(C)AbemaTV,Inc. 全 11 枚
拡大写真
オリジナルのドラマや恋愛リアリティーショーをはじめ、ニュース、スポーツなどの生放送コンテンツ、アニメ、バラエティなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供している「ABEMA」。もし週末をABEMAで過ごすなら…? シネマカフェ編集部3名のおすすめの作品と一緒に、“妄想タイムテーブル”をご紹介!

Aさんの場合:恋ドラ&恋リアでまったり過ごす週末


▼編集Aはこんな人
・キュンとする作品が観たい
・友人と展開や感想を語り合える作品を常に探しています

「僕だけが17歳の世界で」


午前中は、さわやかなドラマが観たいのでまずは佐野勇斗・飯豊真理恵W主演のドラマ「僕だけが17歳の世界で」を! 心がすり減る平日を乗り越えた週末、ドラマを観て癒されたい人におすすめしたい1本。涙なしでは観られない…。

「僕だけが17歳の世界で」(C)ABEMA
【ストーリー】
佐野さん演じる航太と飯豊さん演じる芽衣は、幼なじみでお互い好き同士。しかし、想いを伝えることなく突然、航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンス。

「僕だけが17歳の世界で」を観る

「月とオオカミちゃんには騙されない」


若者の間でどんな番組が流行っているのか? のリサーチも兼ねて「月とオオカミちゃんには騙されない」に移行。ティーンを中心に人気のシリーズ、シーズン7。果たして嘘つき“オオカミちゃん”は誰なのか…と予想しながら観るのが面白くて、いい大人なのにはまってしまう…。

「月とオオカミちゃんには騙されない」
【ストーリー】
シリーズ史上最多の11名の男女が登場。 真実の恋をしたい男女が本気の恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー。 しかし、女子の中には好きなフリをする嘘つき“オオカミちゃん”が最低1人混ざっている。予測がつかない駆け引きが繰り広げられる。

「月とオオカミちゃんには騙されない」を観る

「HEART SIGNAL3」


ここ数か月で、いろんなジャンルの韓国ドラマ・映画を鑑賞して、いまは韓国のリアリティ番組「HEART SIGNAL3」にハマっています。同居が終わる1か月後まで告白NGという設定も新しく、メッセージの送り主は誰なのか? 友人とオンラインで推理しながら見ていると、あっという間に時間が過ぎる!

「HEART SIGNAL3」(C)ABEMA
【ストーリー】
若い男女が“シグナルハウス”での1か月間の共同生活を通して繰り広げる恋愛模様を追いかけた、韓国で圧倒的人気を誇る恋愛リアリティーショー。入居者はたとえ気になった相手がいても、同居が終わる1か月後まで直接告白をすることができず、毎晩“自分の正体を明かさず”に気になる異性1人にだけメッセージを送る――。

「HEART SIGNAL3」を観る

「Love or Delete~今、婚活できない私たち~」


約2か月にわたる自粛期間を終え、徐々に日常に戻りつつはあるものの、私たちの生活にも様々な変化が起こりそう。アフターコロナの出会い・婚活にはどんな変化が訪れるんだろう…と気になっていた「Love or Delete~今、婚活できない私たち~」を視聴。

「Love or Delete~今、婚活できない私たち~」
【ストーリー】
結婚前提で運命の相手を見つけたい男女が、オンライン上で繰り広げる婚活の模様をお届けする婚活リアリティショー。番組の見届け人をJOY、重盛さと美、ダレノガレ明美が務める。

「Love or Delete~今、婚活できない私たち~」を観る

Bさんの場合:韓国カルチャーにどっぷりハマる週末


▼編集Bはこんな人
・最近はいつにも増して韓国ドラマ・映画漬けの毎日!
・K-POPアイドルの一つ一つの仕草の可愛さに癒されています
・週末はドラマを中心に観ます!

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」



「愛の不時着」で改めて思った、ソン・イェジンさんて素敵。表情豊かで愛らしくて、親しみがあって、自立した現代女性を演じてもハマるんだから。“国民の年下男子”チョン・ヘインとラブラブになっていく過程が可愛らしく、彼との交際で自分をもっと大事にしようと変わっていくところも見どころ。

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(C)Jcontentree corp. all rights reserved
【ストーリー】
35歳のジナは、親には結婚を急かされ、職場でのセクハラや浮気した彼氏との破局など、息が詰まるような毎日。そんなときに再会した大親友の弟で、自分の弟の親友でもある“年下男子”ジュニに癒やされ、いつしか2人は恋人関係に。でも、母親や親友は交際に大反対で…。

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」を観る

「偉大な誘惑者」


年下男子といえば、いま最も気になる存在なのがウ・ドファン。「ザ・キング:永遠の君主」に出演、パク・ソジュンの『ディヴァイン・フューリー/使者』とクォン・サンウの『鬼手』という映画2本の日本公開を控える彼、今年イッキに来そうな気がする。

「偉大な誘惑者」(C)2018MBC
【ストーリー】
ペ・ヨンジュン主演『スキャンダル』の元ネタとしても知られるフランスの名著「危険な関係」をモチーフに、裕福だけど、ちょっぴり歪んだ財閥の若者たちに置き換えて描いたラブロマンス。4人の男女が甘くて危険、予測不可能な恋愛ゲームの罠に堕ちていく。


「偉大な誘惑者」を観る

「SEVENTEEN 独占パフォーマンス!日本デビュー2周年特番~セブチのここが凄い」


現在“箱推し”中なのが、ボーイズグループ「SEVENTEEN」、通称「セブチ」。13人組だからこその神レベルなシンクロダンスと、それぞれのキャラとのギャップがたまらない。

「SEVENTEEN独占パフォーマンス!日本デビュー2周年特番~セブチのここが凄い」(C)AbemaTV,Inc.
【ストーリー】
国際的にも評価を集め、いま最も勢いのある「セブチ」の日本デビュー記念日5月30日に配信開始された2周年特番。Kカルチャー好きにはお馴染みの古家正亨や塚地武雅らが彼らの魅力を独自の目線で紹介、ここでしか見られない「舞い落ちる花びら(Fallin' Flower)」のパフォーマンスも必見。

「SEVENTEEN独占パフォーマンス!日本デビュー2周年特番~セブチのここが凄い」を観る

Cさんの場合:目が覚めるような刺激的な作品を観る週末


▼編集Cはこんな人
・友人と同時再生でビデオ通話をしながら番組を観るのが最近の楽しみ
・少し刺激的なドラマが観たい
・新しい趣味を模索中

「M 愛すべき人がいて」



モーニングルーティーンの一環として、まずは流行のドラマをチェック! 目が覚めるような刺激的な作品を選ぶようにしています。今期のおすすめは、「M 愛すべきひとがいて」――ハラハラ・ドキドキの展開が癖になり、止まらなくなるので要注意。

「M 愛すべき人がいて」(C)ABEMA(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
【ストーリー】
90年代、激動の音楽業界を駆け抜けるアユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)の愛と絆を描いた物語。スターダムへと上り詰めていく二人を待ち構えていたのは、嫉妬と裏切りの嵐だった…。光り輝く華やかな表舞台の裏側に迫る、衝撃の一作。

「M 愛すべき人がいて」を観る

「第3回AbemaTVトーナメント」



平凡な毎日、何か新しい趣味が欲しいなぁと思っていた矢先に見つけたのがこの番組「AbemaTVトーナメント」。お昼ご飯のお供に視聴して、将棋の腕を磨いています。対局時の真剣な表情はもちろん、チームによるTwitterや作戦会議室でのお茶目な表情も必見です!

「第3回AbemaTVトーナメント」
【ストーリー】
豊島竜王名人、渡辺三冠、永瀬二冠らレジェンド棋士11名による将棋界初のドラフト会議が実現。決定した全12チームによる団体戦を行い、優勝賞金1000万を懸けて決戦。将棋界の早指し王の栄冠は誰の手に…?

「第3回AbemaTVトーナメント」を観る

「さよならプロポーズ2」


午後はビール片手に、自分へのご褒美タイム。最近お気に入りの結婚リアリティショーを再生! 恋愛と結婚って、何が違うの…? 本音満載の「さよならプロポーズ」を見ていると、ついついお酒が進んでしまいます。

「さよならプロポーズ シーズン2」
【ストーリー】
長く付き合いながらもなかなか結婚に踏み切れない事情を抱えたカップルたちが、7日間の旅行を経て、最終日に「結婚」か「別れ」のどちらか一方を決断する――最も残酷で愛にあふれた結婚リアリティショー。

「さよならプロポーズ2」を観る

「奪い愛、夏」


夜はお楽しみ、親友とビデオチャットでドラマを同時視聴! あーだこーだと感想を語り合いながら、一緒に泣き笑いするのが最高のデトックスになります。度重なる怪演の数々に、思いがけず眼が冴えてしまうかも…!?

「奪い愛、夏」(C)ABEMA
【ストーリー】
借金を返済するため、泣く泣く社長の花園桜(水野美紀)と結婚した桐山椿(小池徹平)。事情を知りながらも交際を続ける彼女・空野杏(松本まりか)との三角関係――危険な愛の駆け引きが、ドラマ史上最も過剰なクレイジーな狂愛へと発展していく…。

「奪い愛、夏」を観る

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加