シェイクスピア「真夏の夜の夢」鈴木杏&北乃きい&加治将樹出演で秋上演

10月15日(木)より、東京芸術劇場30周年記念公演「真夏の夜の夢」の上演が決定。東京を皮切りに、新潟、兵庫、札幌などでも公演が行われる。

最新ニュース スクープ
東京芸術劇場30周年記念公演「真夏の夜の夢」
東京芸術劇場30周年記念公演「真夏の夜の夢」 全 4 枚
拡大写真
10月15日(木)より、東京芸術劇場30周年記念公演「真夏の夜の夢」の上演が決定。東京を皮切りに、新潟、兵庫、札幌などでも公演が行われる。

創業130年の割烹料理屋「ハナキン」。その娘・ときたまご(ハーミア)には許婚がいた。板前のデミ(デミトーリアス)である。デミはときたまごを愛していたが、彼女は板前のライ(ライサンダー)に恋心を寄せていた。ときたまごとライは〈富士の麓〉の「知られざる森」(アーデンの森)へ駆け落ちする。それをデミと彼に恋をしている娘・そぼろ(ヘレナ)が追いかける。

森では、妖精のオーベロンとタイテーニアが可愛い拾い子をめぐって喧嘩中。オーベロンは媚薬を使ってタイテーニアに悪戯をしようと企み、妖精のパックに命令す。ついでにそぼろに冷たくするデミにも媚薬を使おうと思いつく。しかし、悪魔メフィストフェレスが現れ、パックの役目を盗みとる。そこに「ハナキン」に出入りしている業者の面々が結婚式の余興の稽古にやって来て…。

本作は、シェイクスピアの喜劇「真夏の夜の夢」を、野田秀樹がダイナミックに翻案した作品で、1992年に初演。舞台を日本に置き換えただけでなく、全くの別作品であるゲーテの「ファウスト」に登場するキャラクター、悪魔・メフィストフェレスを乱入させたり、原作ではあまり表現されていない嫉妬や憎悪といった負の感情の表現で終末論を感じさせたりと、大胆に換骨奪胎した。

演出を手掛けるのは、ルーマニア演劇界を代表する演出家のひとりシルヴィウ・プルカレーテ。これまで、お互いの国での上演のたびに親交を深めてきた野田さんとプルカレーテが、ついに初タッグを組むことに。

キャストには、原作ではヘレナにあたる娘そぼろ役を、「ハムレット」「ロミオとジュリエット」などの名作舞台にも出演する鈴木杏。ハーミアにあたる割烹料理屋の娘ときたまご役を、「ウエスト・サイド・ストーリー」への出演も注目を集めた北乃きい。

デミトリアスにあたるときたまごの許嫁、板前のデミ役を、「わたし、定時で帰ります。」「テセウスの船」などに出演する加治将樹。ライサンダーにあたるときたまごと愛し合う青年・板前のライ役を、「ミュージカル テニスの王子様」「嵐が丘」など様々な舞台作品に出演する矢崎広が演じる。

ほかにも、今井朋彦、加藤諒、手塚とおる、壤晴彦らが参加する。

東京芸術劇場30周年記念公演「真夏の夜の夢」は10月15日(木)~11月1日(日)東京芸術劇場プレイハウスにて上演。※ほか、新潟、松本、兵庫、札幌、宮城公演あり

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加