草なぎ剛、親鳥のように寄り添う『ミッドナイトスワン』新写真&ティザービジュアル

草なぎ剛主演、『下衆の愛』『獣道』などの内田英治監督による『ミッドナイトスワン』からティザービジュアルと新たな場面写真が解禁、また、公開日が9月25日(金)に決定した。

映画 邦画ニュース
『ミッドナイトスワン』(C)2020「MIDNIGHT  SWAN」FILM PARTNERS
『ミッドナイトスワン』(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS 全 7 枚
拡大写真
草なぎ剛主演、『下衆の愛』『獣道』などの内田英治監督による『ミッドナイトスワン』からティザービジュアルと新たな場面写真が解禁、また、公開日が9月25日(金)に決定した。

>>『ミッドナイトスワン』あらすじ&キャストはこちらから

今回、ティザービジュアルで解禁となった写真には、薄暗い楽屋の中で、きらびやかな衣装たちを背景に一人うつむき何かを思うような凪沙(草なぎさん)の姿が。ふさぎがちな瞳の奥に、孤独で儚げながらも彼女の優しさがうかがえるようなビジュアルだ。

『ミッドナイトスワン』(C)2020「MIDNIGHT  SWAN」FILM PARTNERS
同時に解禁となった場面写真は、親鳥が生まれたばかりの雛に優しく寄り添うかのように、凪沙が大切にしていた白鳥の羽飾りを育児放棄に遭っていた少女・一果(服部樹咲)に授けるシーンとなっている。

『ミッドナイトスワン』(C)2020「MIDNIGHT  SWAN」FILM PARTNERS
また、劇場版公開に先立ち、企画、脚本の内田監督により同名小説が発売されることも決定。劇場版だけでは知ることのできない、登場人物たちの知られざる物語やバックグラウンドが描かれるという。

初めて小説を上梓した内田監督は、「映画の公開に先立ち、小説『ミッドナイトスワン』を書かせていただきました。小説の原稿を書くことは脚本執筆とまったく異なり、試行錯誤の連続でしたが、本当に書いてよかったと思っています」とコメント。「とくに映画では描かれていない、凪沙の恋の話や、一果に対する心の声、さらには一果がなぜバレエに夢を抱くようになったのかなど、新エピソードを交えております。映画の前でも、後でも、ぜひ読んでください」と思いを語っている。

小説『ミッドナイトスワン』文春文庫刊(C)2020「MIDNIGHT  SWAN」FILM PARTNERS
草なぎさんにとって「凪沙という役は、僕にとって、自分の人生を踏まえてこそ、いちばん力を発揮できる役かもしれない」(「文春WOMAN」インタビューより)と語るほどの本作に、ますますます期待が高まる。

『ミッドナイトスワン』は9月25日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

小説『ミッドナイトスワン』は7月8日(水)文春文庫より発売。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加