山田杏奈&山口まゆW主演『樹海村』海外版ビジュアル公開

『犬鳴村』に続く「恐怖の村」シリーズ第2弾の舞台が富士の樹海に決定。『樹海村』のタイトルで、山田杏奈&山口まゆをW主演に迎えることも分かった。

映画 邦画ニュース
テントウムシ『樹海村』(C)2021 「樹海村」製作委員会
テントウムシ『樹海村』(C)2021 「樹海村」製作委員会 全 11 枚
拡大写真
『犬鳴村』に続く「恐怖の村」シリーズ第2弾の舞台が富士の樹海に決定。『樹海村』のタイトルで、山田杏奈&山口まゆをW主演に迎えることも分かった。

2月に公開され、興収14億円超えを記録した清水崇監督の『犬鳴村』。これに続く「恐怖の村」第2弾の製作が2月に発表されていたが、今回その舞台が“絶対に行ってはいけない”“入ったら生きては出られない”とうわさされる富士の樹海に決定したことが明らかに。

ここはいまから約1,100年以上前に富士山大噴火で流出した青木ヶ原溶岩流を覆っている広大な森。およそ3,000ヘクタール(東京ドーム約642個分)にもおよぶ樹海には、ツガ、ヒノキ、ハリモミなどが鬱蒼と生い茂り、「緑の魔境」と表現されている。中には70個以上の溶岩洞穴があり、コウモリも生息。「コンパスが効かない迷いの森」「入ると何者かに襲われる」「様々な怨念を持ったヤバい村がある」と様々な都市伝説も…。そんなヤバい場所として認知度の高い場所に今回挑む。

そして本作に主演するのは、『小さな恋のうた』でヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞するなど、近年の活躍が目覚ましい山田杏奈と、『くちびるに歌を』『下忍 赤い影』などに出演する山口まゆ。

自身は全く心霊体験をしたことがないという山田さんは「周りのそういう感覚があるかたにお話を聞かせて頂いたりとか、本を読んだりして準備しました」と役作りを明かし、「最近は準備の為ホラーばかり見てます。笑清水監督の作品はもちろん、おすすめしてもらい『シックスセンス』や『降霊』など見ました」とコメント。

清水組2回目の参加となる山口さんは「私自身、本当にホラーが苦手で・・・小さい頃はレンタルビデオ屋のホラーコーナーに少し行っただけで映画のパッケージが目に焼き付いて夜寝れなくなったりと。でも子役の時にエキストラとして初めて参加した映画作品が、清水崇監督の『ラビットホラー』という作品だったので、こうしてまたお会いできたことに凄く驚き、何かご縁を勝手ながら感じております」と今回の参加を喜び、「撮影はこれからで緊張や不安も沢山ありますが、キャストやスタッフの皆さんと楽しく頑張れたら良いなと今からとてもワクワクしています」と期待している。

山口まゆ
さらに、早くも海外進出を見据え日本版ビジュアルに先駆け、海外版ビジュアルが3枚到着。本作の洋題は『SUICIDE FOREST VILLAGE』とし、富士山が赤く染められ湖に逆さ富士が写ったもの、テントウムシ、樹海の中に迷い込み森の中から天を仰いだかのような構図になっているものと、どれも不気味なビジュアルだ。

赤富士『樹海村』(C)2021 「樹海村」製作委員会
なお、本作は新型コロナウイルス感染対策を行い、7月11日にクランクインするという。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加