謎の“ソウル”の世界が明らかに『ソウルフル・ワールド』予告

ディズニー&ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』の日本版本予告編と本ポスタービジュアルが公開された。

映画 洋画ニュース
『ソウルフル・ワールド』(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『ソウルフル・ワールド』(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 全 1 枚
/
拡大写真
ピクサーのトップ(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)、ピート・ドクター監督が“生まれる前の魂<ソウル>の世界”を描くディズニー&ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』。この度、本作の日本版本予告編と本ポスタービジュアルが公開された。

>>『ソウルフル・ワールド』あらすじ&キャストはこちらから

生まれる前に“どんな自分になるか”を決める、魂<ソウル>の世界。その世界でソウルたちが、夢や情熱、興味など、自分の人生を輝かせてくれる“人生のきらめき”を見つけることで、人間の世界に生まれることができる――。

今回到着した予告編では、謎に包まれていたソウルの世界が明らかに。淡い色彩の美しいその世界で、ある日迷い込んできたジョーは、何百年もここに留まっているソウルの22番と出会う。22番は、「生まれる価値なんてないわ」「人生って、そんなに大切なものなの?」と言い、何を試しても“きらめき”を見つけられず、自分のやりたいことが見つけられていないキャラクター。

人生の迷子のように“生きる目的をみつけられない”22番と、ジャズ・ピアニストになりたいという夢だけを追いかけ、なんとしても地上に戻りたいジョー。この正反対の2人が出会ったとき…。彼らが生み出す奇跡を期待せずにはいられない予告編となっている。


『ソウルフル・ワールド』は12月11日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加